記事

坂本龍一さん、どうして音楽家なのに脱原発なんですか?:前篇

1/4

もんじゅ君の「ズバリ聞きますだよ!」第1回:後篇

左・もんじゅ君(高速増殖炉) 右・坂本龍一(音楽家)/撮影:弘田充
左・もんじゅ君(高速増殖炉) 右・坂本龍一(音楽家)/撮影:弘田充 写真一覧

福島第一原発事故にショックを受けて、2011年5月、突如ツイッター上に現れた福井県敦賀市の高速増殖炉もんじゅの「非公式」ゆるキャラ「もんじゅ君」が、各界の著名人にエネルギー問題についての考えや東日本大震災以降の活動について聞くインタビューシリーズ。第1回目の対談相手は、ニューヨークを拠点に世界的に活躍する音楽家でありながら、震災以前から脱原発を積極的に訴える坂本龍一さんです。前編はこちら

ゲスト: 坂本龍一(音楽家)
インタビュー・構成: もんじゅ君(高速増殖炉)

フェスは半年で準備して、正直ムリかと思ってた(笑)

もんじゅ:坂本さん、前半はおもに原発についての考えや、9.11後のアメリカと震災後の日本を比べて、といったお話をうかがいました。後半では、原発の話もまじえつつ、表現というか、アートと震災・原発事故のかかわりについてお聞きしたいと思っています。

まずは、今年7月にあった「NO NUKES 2012」、ボクも参加させていただいたフェスについてですが、あれはいつごろから企画したんでしょうか。

坂本:うーんと、正月明けですね。

もんじゅ:えっ! 幕張メッセで、あの規模のフェスが、そんな短期間で実現するんですか。たった半年ですよね。

坂本:いや、僕たちも半信半疑で、正直無理なんじゃないかなと思ってたんだよね。だって毎年開かれてるフジ・ロックとかロック・イン・ジャパンだって1年かけて準備するんだもん。だから、前例のないああいう脱原発の音楽フェスを半年でやろうっていうのはほんと無謀だと思うんだけど。うん、よくできた(笑)。

もんじゅ:それは……、すごいですね。会場にいってみて、やっぱり、ミュージシャンの方が集まって音楽のフェスで表現するっていうのは、言葉で伝えるのとはべつの意味を持つんだなって思いました。

坂本:なにかそういうことをやりたいというのは去年から思ってたんだけどね。声かけても集まらないんじゃないかとか、いろいろネガティブに考えちゃってた。それが、今年になって「やっぱりやろう」と思って。結果的にはやってよかったよね。ツイッターだとかSNSで、脱原発っぽいことをがんばってつぶやいているミュージシャンもいるの。

もんじゅ:フェスに参加されてた、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのゴッチさんとか、横山健さん、難波章浩さん、それにBRAHMANのTOSHI-LOWさん……、日常的に情報や考えを発信されてますよね。

坂本:TOSHI-LOWとかあんな見た目でね、でもすごくいいやつでしょ(笑)。

もんじゅ:みなさんすごく繊細で、やさしいですよね(笑)。

坂本:うん、そうなの。みんなすごくいいやつで。でもまあ彼らにかぎらずだけど、原発について発言するとやっぱりすごくバッシングがあって、なかなか気楽にいいたいことをいえない感じがあったと思う。

もんじゅ:そうですね。ちょっとでも原発にふれる発言をするとすぐに攻撃的な反論がきてしまう、と感じて悩んでいる人は多いと思います。それはミュージシャンにかぎらないでしょうけど、著名な人ほどバッシングもきっと大きいですよね。

坂本:それが、あれだけのバンドとお客さんが集まったわけでしょ。「すごく勇気をもらった」ってみんないってくれた。ミュージシャンも、自分たちのステージであっても、なかなか原発については話題にしにくい感じもあるみたいでさ。だって、お客さんもそういうことを聴きにきてるわけじゃないからね。

でも、「NO NUKES 2012」の場合は脱原発の音楽フェスだと銘打っていて、お客さんもそれをわかったうえできてくれてるからね。


NO NUKESフェスの会場には、自由な空気があふれていた

もんじゅ:ボクは会場をうろうろしていたんですが、お客さんの年齢層は、20代から見た感じ60代までと、すごく幅広かったんです。その中でも若い人たちがすごくいきいきと、重しがとれたように原発のことを話しているのが印象的でした。

坂本:じつはそこまで意識の高いお客さんが集まるとは予想していなくて、もっとふつうの、出演アーティストのファンが来るんだろうなと思ってたんだよね。でも、僕たちの予想よりも遥かに意識が高いお客さんが入ってた。

「意識が高い」なんていうのは変だし、高いとか低いとかいうのは差別的なんだけど、でもみんなほんとに意識が高かったと思う。原発問題についてよく知っているお客さんが多かったから、反応もよかったし。

もんじゅ:アーティストのMCやパフォーマンスへの反応はもちろん盛り上がっていたし、途中で上映されるメッセージ映像にもすごくみんな真剣に見入ってたな、と思います。エネルギー問題についての展示ブースもたくさんあって、それもにぎわってましたよね。

ふだん暮らしてて、「原発やだな」と考えていてもそれを話す機会ってたぶんないと思うんです。日常生活でもう「げんぱつ」っていう単語を発音することじたいがすごくたいへんというか。「げん……」くらいでやっぱり遠慮してやめちゃう(笑)。

それが、あのフェスの会場ではみんなさらっと話してて、「やっぱりやめなきゃね」って。再生可能エネルギーについても勉強してたり。そんな自由な空気がつくりだされてて、そこにいた人がその雰囲気をそれぞれの日常に持ち帰るってことじたいがすごく意義深いなって感じました。

あわせて読みたい

「原発」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田中みな実 過激なお蔵入り写真

    NEWSポストセブン

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    総理による解散は課題設定の権力

    三浦瑠麗

  4. 4

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  5. 5

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  6. 6

    小池氏が知事辞任し選挙出馬の噂

    三浦博史

  7. 7

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

  8. 8

    斉藤・山尾・今井 不倫の共通点

    NEWSポストセブン

  9. 9

    1件30円 保守コメント発注が話題

    キャリコネニュース

  10. 10

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。