記事

仕事がなくなっていく問題と未来のブラック企業について

ほぼ雑誌中毒の僕ですが、クーリエ・ジャポンの2013年2月号を読んでいて、仕事が消えた後に残る未来の「ブラック企業」という記事がありました。

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2013年 02月号 [雑誌]COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2013年 02月号 [雑誌]

講談社 2012-12-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

アメリカのある倉庫業務(アマゾンではないです)にライターが潜入して、その中で行われることを取材した記事。昔アマゾンの倉庫で行われていることを潜入取材した本を読んだが、その中で行われていることよりもだいぶブラック感あふれる内容で、これを記事では「未来のブラック企業」とよんでいます。

  • 研修期間中は1分でも遅刻したら即解雇
  • 倉庫の中では常にジョギング状態でハンディスキャナーから出せれる指示に従って行動する。一日の移動距離は20Km
  • すべての指示には所要時間が決まっており、その所要時間に応じてスコアがきまる
  • スコアに応じてカウンセリングを受け、なぜノルマをこなせないのかを説教される
  • 業務が効率化されすぎて、本当にだれでもできるように設計されているので犯罪歴さえなければいくらでも人を雇うことができる。

このような状態を似たような倉庫を運営するアマゾンも問題視していて、それを改善するためのロボット関連企業を買収し、倉庫業務用ロボットが導入されようとしています。以下は、買収したベンチャーのものです。

上の企業をブラックと書きましたが、最近日本でも「ブラック企業」という言葉をよく聞きます。ただ、日本でいうところのブラック企業はどちらかというと、以下のような状態の企業を指していることが多いように感じます。

  • 長いサービス残業時間とそれが報われない低賃金
  • 経営陣の曖昧な意思決定とそれに振り回される現場
  • 全く自由時間がないのにそれでも社員がヤル気を出すことが期待される勤務体系

上の問題は経営の失敗なので、本当はそのような企業はなかなか優秀な人材が集められず長期的には市場から退場いただくというのが資本主義の基本思想です。問題は上記のようなことを強要する企業は、飲食店のような労働集約的な業態だと非常に競争力があるので、なかなか市場淘汰がすすみません。ただ、まぁ、ワタミなどで起きている残業代未払い裁判などを見てもサービス残業で利益を出す企業はなんらかの問題が発生するはずです。

ただ、クーリエ・ジャポンの記事の方で問題となっている企業は、透明な契約と効率化された労働、KPI志向の経営なので、むしろ通常の資本主義の枠組みでは市場に残るべき企業です。ただ、直感的にこの労働は人間にはやばいということがわかります。さて、これはかなり難しい問題です。上の倉庫業務を支えているのは効率化されたITシステムですが、これ自体も問題とすべき項目ではありません。また、叩き過ぎるとロボットを導入して、雇用自体がなくなっていきます。上の倉庫業務はなんと3ヶ月間でのべ4000人の雇用を生み出しているそうです。上記の「未来のブラック企業」で問題とすべき点は何なのか、その枠組みはどの領域で作るべきなのか、という課題に対する答えは記事にはなかったのですが、この課題に対する回答を設計することが近いうちに大きなトピックになってきそうな気がします。

あわせて読みたい

「ブラック企業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    足立議員の生コン疑惑発言はデマ

    辻元清美

  2. 2

    「立派な国」ランキング 日本は

    長田雅子

  3. 3

    よしのり氏が文春デスク写真公開

    小林よしのり

  4. 4

    1億円稼ぐチャットレディに密着

    AbemaTIMES

  5. 5

    金正恩氏 ちびデブ発言に怒りか

    高英起

  6. 6

    よしのり氏「文春に完全勝利」

    小林よしのり

  7. 7

    山尾氏×望月記者 女の政治を語る

    NEWSポストセブン

  8. 8

    石破氏「民進解消で政治が前進」

    石破茂

  9. 9

    民進から資金? 無所属の会に疑問

    早川忠孝

  10. 10

    常識的だった昔の近藤誠氏の主張

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。