記事

YouTubeがソーシャルコマースの初代チャンピオンになれる理由

FabのCEO Jason Golberg氏が「ソーシャルメディアを積極的に使う顧客はそうでない顧客と比べて3~4倍の価値がある」と語ったように、ECサイトにとってソーシャルメディアの活用は、いまもっともホットなテーマだ。

近年、Facebook上で商品販売を可能にする「Payvment」など、あらゆるスタートアップがソーシャルコマースという名前を出し、ソーシャルとコマースの連携に挑戦してきた。しかし現状はまだ大きく成功した事例がない。

今だに勝者が生まれていない理由としては、ソーシャルに対するアプローチに問題がある。Payvmentもそだが、ソーシャルメディアに乱入して無理やり商品を買わせるようなアプローチをとっている企業が多い。

ソーシャルメディアは文字通り、ソーシャルを楽しむ場所なので、ソーシャルメディアに商品が並んでいても買い物する気分になれないし、自分にあった商品を見つけるのが大変だ。企業が広告したりキャンペーンをやる場所ではないのだ。

YouTubeがソーシャルコマースで王者になる理由

このようにソーシャルコマースは注目されながらも、アプローチを間違えているため、革新的なサービスが生まれてこなかった。しかし、YouTubeが動画内に別サイトへのリンクを埋め込める機能を、YouTube認定アカウントをもつ全ての企業に開放したことで、この状況は一気に変わりそうだ。

External Anotaionというこの機能、ユーザーが動画にマウスオーバーすると、以下のように商品ページへのリンクと枠がでてくる。リンクをクリックすると動画に写っている商品ページへ飛ぶことができる(下画像)。

image00.jpg

上記のYouTube動画から、商品ページにリンクさせた参考画像だ。これは最初にモデルが着用している黄色い水着の色違いである。

YouTubeはソーシャルコマースの初代チャンピオンになれるかもしれない。YouTubeとECサイトはそもそも相性がものすごく良いのだ。例えば、L2ThinkTankによると美容業界では、FacebookやTwitterからのトラフィックは落ちているが、YouTubeからはトラフィックが昨年から二倍に拡大した。

昨年の2011年に比べ、FacebookとTwitterのトラフィックは落ちているのに対し、YouTubeのストリーミングはアップ、ダウン共にあがっているのはグラフを見れば一目瞭然だ。それでもまだFacebookまで数字は伸びてはいないものの、アップストリーミングについては昨年から倍以上の伸びである。

また、YouTubeは動画サイトでありながら、世界で二位のサーチエンジンでもあるので、これまでソーシャルコマースに挑戦してきた企業と比べて、社会に対して圧倒的な影響力を持つ。

これからは、この新機能を使うブランドが増えるだろう。企業にとってはTVコマーシャルをそのまま使えばいいので、導入も難しくない。TVコマーシャルではROIを計測できないが、YouTubeからのトラフィックは全て計測可能だ。

日本のECサイトもこれからくる波に乗り遅れないように、実験的にYouTubeに動画をあげていってほしい。

あわせて読みたい

「EC」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    無意味に足掻く籠池氏と民進党

    和田政宗

  2. 2

    沙也加結婚 聖子はライバル視?

    渡邉裕二

  3. 3

    米国の「正恩斬首」作戦は不可能

    PRESIDENT Online

  4. 4

    鳩山氏が民進OB会から入会拒否

    文春オンライン

  5. 5

    大企業特有の考えずに働く人たち

    城繁幸

  6. 6

    武藤貴也議員 また男性持ち帰る

    文春オンライン

  7. 7

    今村前大臣の退職金は「82万円」

    川田龍平

  8. 8

    民進の現状は共産党の責任でない

    紙屋高雪

  9. 9

    拷問部隊の逆襲で北に粛清の嵐か

    高英起

  10. 10

    ミスしたときはひたすら謝るべき

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。