記事

国内で来年にはスマートフォン普及率が過半か

13歳以上のインターネットユーザーの4割が既にスマートフォンを使っており、半年で1割も嵩上げされるペースが続けば来年には全人口を母数にした普及率でも過半に達する見込みです。インプレスR&Dが公表した 『スマートフォン/ケータイ利用動向調査2013』が「スマートフォン利用率は個人が39.8%、企業が41.7%と1年でほぼ倍増、個人のスマートフォンユーザーのFacebook利用率は38.7%」と伝えています。昨年10月の個人利用率が22.9%、5月29.9%で、10月までに10ポイントも上げて加速しています。米国では今年始めで成人普及率44%となっており、急速に追い付く情勢です。


 年代別の利用状況を見ると中高年世代でもしっかり使われるようになりました。特に男性50代、女性40代で3分の1が持っており、物珍しい状態を脱しています。最も高い20代は男女ともに58%を記録しています。まだ持っていない層に聞くと、「利用しようと思わない」は34%しかなく、今年度か来年度から利用を始めたい人が22%もいます。

 13歳以上のモバイル端末保有者は1億0270万人で同世代の9割、全人口に対しては8割です。60%を超える利用率になれば人口当たりの普及率で過半数に届くわけです。来年になって使っていない人には乗り遅れ感が強まりそうです。従来の携帯電話に比べて、スマートフォン利用者は検索などでの情報収集やフェースブックなどソーシャルメディアの活用に時間を使っています。

 6月に発表された「2012年第1四半期世界のスマートフォン調査、UAEとサウジアラビアが普及率6割超」には主要国の第1四半期段階での普及率が比較グラフになっています。日本は従来携帯でネットを使ってきたので出遅れました。英国やオーストラリアは50%を超えています。グーグルが実施したこの調査リポート「Our Mobile Planet:日本」は「82%が1日に1回以上インターネットにアクセスする」「36%がテレビよりスマートフォンの方が大切」と回答したとしています。

あわせて読みたい

「スマートフォン」の記事一覧へ

トピックス

記事ランキング

  1. 1

    安倍首相が集自権にこだわった本当の理由

    田原総一朗

  2. 2

    CCCでTポイント絡みの何らかの事情が発生か

    やまもといちろう

  3. 3

    牛丼を辞めても不思議ではない松屋の方向性

    渡辺龍太

  4. 4

    ベネッセ批判するなら朝日も派遣やめるべき

    片岡 英彦

  5. 5

    従業員に"理念経営"が浸透しない理由

    シェアーズカフェ・オンライン

  6. 6

    県民の為の公園に"朝鮮人追悼碑"はおかしい

    深谷隆司

  7. 7

    大塚家具の社長解任に見る"お家騒動"の背景

    山口利昭

  8. 8

    新国立競技場を一方的に叩く風潮が残念

    ノエル

  9. 9

    大型店を理由にした商店街への同情論に反対

    かさこ

  10. 10

    就職率7年連続日本一の福井大学 その戦略は

    キャリコネ・企業インサイダー

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

意見を書き込むには FacebookID、TwitterID、mixiID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。