記事

TwitterとFacebookのデータからわかる大統領選挙

1/2
2012年のアメリカ大統領選挙においてソーシャルメディアのデータは選挙戦をどのように物語るのでしょうか。たくさんの情報が選挙当日、ソーシャルメディアを通してシェアされました。

最も話題になったのがオバマ大統領の勝利宣言のツイートでしょう。オバマ大統領がミシェル夫人をハグする画像がついたこのツイートは、実際に投稿されてからわずか1時間で30万ツイートを記録しました。そして11月18日現在は、81万回リツイートされています。

今回は、TwitterとFacebookでシェアされた大統領選挙に関連するデータを紹介しながら、ソーシャルメディア上で選挙がどのように語られたのかをみてみます。

Twitter:ハッシュタグとツイート内容が選挙を物語る

Techonomy による「What Social Media Told Us on Election Day」で、選挙に関連するツイートをビジュアル化したデータを公開しています。この記事は、ソーシャルメディア上のデータ解析などを行うSocialFlowのR&DチームのGilad Lotan氏によるものです。

ハッシュタグでわかる選挙当日の流れ

以下は、選挙前々日から選挙日までに使われたハッシュタグの推移です。

選挙当日の朝から、ハッシュタグ「#Vote」(投票)(濃青)が使われました。これは今日が投票日だ、というようなツイートが多かったことが考えられます。徐々に時間が経つに連れこのハッシュタグは減少し、実際に投票に行った人が「#iVoted」(投票した)(緑)というハッシュタグをつけてツイートしていくようになります。「#iVoted」は全体で60万回ツイートされました。

選挙日後半は、「#StayInLine」(並んでる)(赤)というハッシュタグが急増します。これは、投票所が閉まるときにまだ並んでいた人たちが、投票が終わるまで閉めるなと抗議するツイートを流すときに使われました。その後、選挙結果が公表されると「#Obama」が急増しました。

使われたハッシュタグをビジュアル化

上記のグラフからは選挙日当日に多く利用されたハッシュタグの推移がうかがえますが、選挙当日はもっと多くの選挙に関連するハッシュタグやフレーズが使われました。

以下は「 #iVoted 」(投票した)というハッシュタグを使ってつぶやかれたツイートの中に含まれているフレーズ、ハッシュタグ、ユーザー名をビジュアル化したデータです。このデータではさらに、投票したという事実をツイートした人が別のツイートでつぶやいている語との関連性をマッピングしています。

つまり、最も大きな円が最もたくさんツイートされたハッシュタグやフレーズで、最も近くに表示される円が最も多く共通してツイートされたものであるというように表現されています。色は、政治的な偏りを示しており、青は民主党、赤は共和党、紫は両方について言及しているものです。

右側のデータをさらに詳細に見てみると、ロムニー候補に投票した人がツイートしている内容として「 #gop」(Grand Old Party:共和党の別名) 「#teaparty」(ティーパーティー)、「#nobama(No obama)」などをツイートしていることがわかります。

一方の左側を詳しく見ると、もっと漠然とした語、「#proud」(誇り)、「#forward」(先) 、「#equality」(平等)などが、オバマ支持者からツイートされていることがわかります。また、左側の特徴として「#lgbt」(同性愛者、バイセクシャル、トランスジェンダー) や「#gay rights」(同性愛者の権利)が一緒にツイートされていることが多いことがわかります。

このデータから、Twitterでは、ハッシュタグを使って選挙についてツイートされたことによって、ソーシャルメディア上でどのような話題がシェアされ、またツイートの内容の相関を見ることで、有権者がその候補者に期待していることや主張が見えてきます。

60万回ツイートされた「#iVoted」では、多くのユーザーが投票したという事実だけでなく、誰に投票したか、なぜ投票したかを記載しており、こうしたツイートは今後の選挙活動や政治にも影響を与えるものとなりそうです。例えば、選挙活動として一つのキーワードを繰り返すことで、ハッシュタグが作られ、支援者がツイートしやすくなるというようなことが考えられます。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内閣支持率 ネットでは依然51.7%

    キャリコネニュース

  2. 2

    任天堂Switchは品薄商法ではない

    赤木智弘

  3. 3

    世界で3番目に弱い北朝鮮の軍隊

    高英起

  4. 4

    政府不信の割に行動しない日本人

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  5. 5

    少子高齢化で進む中年ひきこもり

    田中俊英

  6. 6

    Amazonの安物ブランド販売に冷笑

    広瀬隆雄

  7. 7

    政権にダメージ与え続ける稲田氏

    文春オンライン

  8. 8

    貧困を生む扶養義務の強化に反対

    大西連

  9. 9

    社交界のプリンス 講演の実績も

    キャリコネニュース

  10. 10

    訪日客増加も旅行社が低調のワケ

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。