記事

公務員はバッシングに堪えよ

朝霞に公務員宿舎を建設することに対して急激にマスコミのバッシングが始まっている。

菅総理の時代の事業仕分けで建設中止に決まっていたのを財務省が引っくり返した、公務員住宅の建設に使う金があれば東日本大震災の復興に回せ、などという類の論調だが、与野党の国会議員の中にもそういう趣旨の大声を上げる人がいるから困る。

みんなの党がそういう声の先頭に立っているようだが、みんなの党に所属している国会議員は誰一人として赤坂の議員宿舎に入居していないのだろうか。一時は豪華宿舎との批判を浴びて多くの国会議員は入居を渋ったものだが、ほとぼりが冷めたのか今は入居希望者が引きもきらず、希望しながら入居できない議員も多いと聞く。自分達国会議員の豪華宿舎批判には知らぬ素振りで、一般の公務員の宿舎建設にだけ異を唱えるというのはおかしなことだ。

法務省の所管であるが、受刑者を収容する刑務所や拘置所はドンドン建て替えを進めるが、受刑者を監守する刑務官の宿舎の建て替えは後回しで、どんどん老朽化が進んでいる、などということを見聞してきた。転勤の多い公務員の住宅がこんなに貧しくていいのだろうか、と思ったこともある。

戦後の住宅難の時期に作られた文化住宅がどんどん建て替えの時期を迎え、世の中は一変してきている。戦後65年を経て、今なお公務員は貧しいままでいい、というのは豊かな地方公務員の生活を見過ぎているせいである。自宅から通勤し、遠くへの転勤が殆どない地方公務員と、官舎や民間住宅の借り上げでしか住居を確保できない転勤の多い国家公務員を一律に同視すべきでない。

今、自衛隊員に対して批判の声を上げる人はいないであろう。警察の職員や消防の職員に対しても、今批判の声を上げる人はいないはずだ。一生懸命与えられた職務に精励している人たちには、その職務に相応しい処遇をするのが当たり前である。

入管の職員も大変な職務に従事している。刑務所の職員も、少年院の職員も、海上保安庁の職員も、税務署の職員も、裁判所の職員も皆、それぞれに大変な職務に従事している。国家公務員にも地方公務員と同様の生活環境を保障しておかなければ、国としての行政サービスの提供に支障が出てくるはずだ。

公務員を叩けば胸が空く、という人が多いのだろう。しかし、それではいけない。

公務員は公共の利益に奉仕し、公の為に仕事をする存在である。

国会議員諸氏よりも遥かに仕事をしている公務員を叩き、公務員住宅建設に一斉に反対の声を上げようとしているマスコミや国会議員の皆さんにあえて異議を唱えておく。

公務員の皆さんは、是非この公務員バッシングに堪えていただきたい。

トピックス

ランキング

  1. 1

    高須氏訴訟に弁護士が厳しい指摘

    壇俊光

  2. 2

    小池ブーム 支持率70%を切り終焉

    三浦博史

  3. 3

    阿川さん結婚に敗北感抱く人たち

    寺林智栄

  4. 4

    田原氏「国民は首相に怒るべき」

    田原総一朗

  5. 5

    加計質問は日本獣医師会のため?

    玉木雄一郎

  6. 6

    菊川怜はハイスペ女子の希望か

    幻冬舎plus

  7. 7

    NHK 共謀罪への露骨な世論誘導

    猪野 亨

  8. 8

    "批判するなら対案を"は愚の骨頂

    常見陽平

  9. 9

    共謀罪懸念する国連書簡は正しい

    小林よしのり

  10. 10

    地銀の総合スーパー化という脅威

    シェアーズカフェ・オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。