記事

原発ゼロの閣議決定回避とアメリカの圧力

 先に野田内閣は「2030年代に原発稼働ゼロ」をめざす政策を発表しながら、なぜかその方針の閣議決定を見送ってしまった。本気ではないのかと支持率低下の一因にもなったと思うが、その裏にはやはりアメリカの圧力があった。東京新聞だけがスクープした記事を、天木直人氏が取り上げているのを見て、販売店で10月20日付朝刊の現物を買ってきた。

 この問題については、天木氏が指摘している通り、三つの特徴がある。第一は、圧力の伝達方法が、アメリカの有力シンクタンク顧問の発言だったり、副長官や補佐官クラスの人たちから日本側の外交ルートに乗せるといった、実務者レベルで行われており、トップからの正式申し入れの形をとらないということ。

 第二は、日本側は一通りの反論はしているが、結局は優位な立場を生かすことなく、アメリカの立場に配慮する「無難な」反応しかしないということ。日本が原発から撤退すれば、日本の技術力に頼って安全な原発を普及するというアメリカの世界戦略が崩壊する。日本は優位な立場で交渉できる筈であるのに、そんな意欲がない。

 第三は、アメリカ側は「日本国内で外圧と取られないように注意してほしい」と口止めに念を入れているということ。そして「日本の主権を尊重す」と言いながらも、「あまりにも重大な問題だ」などと釘をさすことを忘れない。つまり日本政府に「自発的な判断」をさせたいのだ。だがその裏で、日本国民にアメリカからの圧力だと知られ、反発を受けることを何よりも恐れているのがわかる。

 こういう記事を書ける新聞が、沖縄を除けば東京新聞だけになっている現状を、どう考えたらいいのだろう。もうわかっている当り前のことだから、改めて記事にするまでもないと判断しているのだろうか。もしも野田内閣が「アメリカとの関係を考慮して閣議決定はできなかった」と発表したら、どんな記事を書くつもりだろうか。

 原発をどうするか、日本人が日本の未来のために決定権を行使するためにも、アメリカとの関係を見直すしかないようだ。これは次の選挙で大きな争点になる。

あわせて読みたい

「原発」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高須氏訴訟に弁護士が厳しい指摘

    壇俊光

  2. 2

    NHK 共謀罪への露骨な世論誘導

    猪野 亨

  3. 3

    阿川さん結婚に敗北感抱く人たち

    寺林智栄

  4. 4

    加計質問は日本獣医師会のため?

    玉木雄一郎

  5. 5

    小池ブーム 支持率70%を切り終焉

    三浦博史

  6. 6

    田原氏「国民は首相に怒るべき」

    田原総一朗

  7. 7

    共謀罪懸念する国連書簡は正しい

    小林よしのり

  8. 8

    菊川怜はハイスペ女子の希望か

    幻冬舎plus

  9. 9

    "批判するなら対案を"は愚の骨頂

    常見陽平

  10. 10

    地銀の総合スーパー化という脅威

    シェアーズカフェ・オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。