記事

仕事と作業の違い

仕事をすることの意味を考えたことはありますか?

私たちは普段、仕事という言葉と作業という言葉を同じ意味で使っていると思います。辞書を調べてみると、両者とも似たようなことが書かれているため、なおさら同じ意味で考えてしまいそうです。

でも、本当にそうなのでしょうか。
次の2つの例を考えてみましょう。

『Aさんは上司から、下期の経営課題を解決するために必要となる社内システムの改修費用算出を命じられました。』

『Bさんは上司から、上期の経営課題のうち、解決しなかったものをリスト化して提出するよう頼まれています。』

さて、AさんとBさんに与えられたタスクについて、何か違いが分かりますか?

Aさんのタスクは、所与の条件である下期経営課題を基にして、システムに求められる追加機能やその費用を、”自分で考えながら”まとめていかなければなりません。

Bさんのタスクは、所与の条件である上期経営課題に対し、それをまとめるだけ、つまり”自分で考えず、与えられた指示に従って”まとめていけばいいだけです。

私は、Aさんのやっていることを「仕事」、Bさんのやっていることを「作業」だと認識しています。

仕事は、その背景にある内容を積極的に理解しながら、新たな価値創出に取り組むものです。それに対し、作業とは、与えられた指示に沿って何かを行うことを意味します。

作業はどんな職場でも必ず発生するものですから、それ自体を否定するつもりはありません。注意しなければならないのは、本来「仕事」であるべきものが「作業」と化していないかということです。

作業と化した仕事は、その成果も薄っぺらで、指示内容を逸脱する状況が発生しても対応することができませんが、本当に仕事をしているなら、指示内容の背景も理解して取り組んでいるはずですから、不測の事態にも臨機応変に対応できるものです。

どうです、今日から「仕事」をやってみませんか?

あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  2. 2

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  3. 3

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  5. 5

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  7. 7

    難民「射殺か」 武器使用は可能

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    小池新党は若狭氏の舵取り次第

    早川忠孝

  9. 9

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  10. 10

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。