記事

人生の豊かさの基準は、「お金」ではなく「選択肢」があること

昨日書いたこの記事は、沖縄に興味を持っている人が多いらしく、何人かの方から早速コメントをいただきました。

沖縄について調べてみると、日本の都道府県の中で、平均の県民所得が20年間最下位だったことを知りました。所得金額で言えば、トップの東京の約半分です。所得で見れば、東京、神奈川、愛知、大阪といった太平洋側の県が上位に入っていますが、豊かさという尺度ではどうでしょうか?

ここで、考えなければいけないのは、豊かさとは何か?ということです。

私は、豊かさとは「選択肢があること」だと考えます。たくさんのチョイスがあって、それを自分で自由に選べる環境にどれだけあるかが、豊かさの基準ではないかと思うのです。

例えば、お昼ご飯を食べる時、食べるものが最初から決まっているより、選択肢がある方が豊かです。ステーキからかけそばまで何でも選べる人は、最終的には安いかけそばを食べるとしても、選択肢があるという点で、豊かだと言えるのではないでしょうか。

毎日の生活も同じです。やりたいことを自由に選択できる人と、やりたくないことを毎日選択の余地なくやらざるを得ない人。前者の方が、圧倒的に豊かです。

このように選択肢をたくさん持てる環境を作り出すために、必要なモノの1つが「お金」です。お金があると豊かになれるのは、お金をたくさん使うからではなく、お金を使おうと思えば使えるという環境にあるからです。

しかし、お金だけでは得ることのできない選択肢もあると思います。

沖縄に住んでいる人の話を聞くと、東京とは時間の流れが違うことに気が付きます。所得は低いかもしれませんが、物価水準も低く、経済的な格差は見た目の所得差よりも小さくなります。また物々交換で豊かな食材が手に入ったりすることもあるようです。東京にある高級レストランのような選択肢は、沖縄には少ないかもしれませんが、豊かな自然、新鮮な食材、のんびりとした生活といった東京では手に入らない選択肢もたくさんあります。

そう考えていくと、平均県民所得と豊かさは、必ずしも比例しないことに気が付きます。もちろん、お金がある方が選択肢を多く持てるのは事実ですが、お金で得られない選択肢が存在するからです。

お金は豊かさの尺度としてわかりやすいものですが、数字だけを追いかけると、間違った結論に陥る危険性があります。お金はあくまで「人生の手段の1つ」であり、目的ではないのです。

「選択肢」という観点から、自分の今を見つめ直してみる。もし、自分の人生を自分の思う通りに選択できていないと感じたら、経済的に恵まれた環境にいたとしても、自分の「豊かさ」を疑ってみるべきです。


あわせて読みたい

「格差社会」の記事一覧へ

トピックス

記事ランキング

  1. 1

    朝日"一般社員も残業代ゼロ"報道は煽り?

    キャリコネ・企業インサイダー

  2. 2

    人間ドック学会の定義する「健康」は仮説

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    商船三井差し押さえには毅然とした態度で

    片山さつき

  4. 4

    "10日で辞めた新入社員"会社側に問題は

    シェアーズカフェ・オンライン

  5. 5

    最早頼りにならないオバマ大統領との交際術

    木村正人

  6. 6

    残業代0を批判する朝日新聞に残業代はない

    池田信夫

  7. 7

    韓国国内で「盗んだ仏像返すべき」との声

    NewSphere

  8. 8

    コンサルタントは組織をぐちゃぐちゃにする

    Dain

  9. 9

    NHK記者の"意地"を感じさせる報道に感動

    水島宏明

  10. 10

    10日で辞めた社員への助言ブログに賛否両論

    キャリコネ・企業インサイダー

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

意見を書き込むには FacebookID、TwitterID、mixiID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。