記事

はるかぜちゃんに学ぶ、批判・誹謗中傷と向き合う3つのアプローチ

子役として活躍する、現在小学校6年生の「はるかぜちゃん」がヤバいです。これ中の人いるんじゃないかと疑っちゃうレベルです。

ユーモアで返す

ジャニーズの嵐の番組に出た際に、かなり誹謗中傷を浴びたようです。togetterまとめは60万回以上見られていますので、こちらをぜひ

こういうユーモアがすごい…。芸人ですねー。

肯定する

上手投げ一本。ここまで攻撃的なツイートに、「はい、そうです」と肯定を返せるのは半端ない余裕ですね…。

真面目に答える

確固たる!仕事の哲学をツイートしています。

人間らしい側面も見せており、僕はそこに魅力を感じてしまいました。

「はるかぜちゃん」を見ていると、「演じる」ということについて深く考えさせられます。

こうしたツイートは、きっと彼女にとって「芸」の一環なのでしょう。というか、もはや演じているつもりは毛頭泣く、生きることそのものが、芸なのかもしれません。

ここまで冷静に向き合える背景には、「誹謗中傷を受けた時は、紅茶を飲んで落ち着かせてる。あと、ママが先に怒るので、ママに怒りを吸い取られてから書いてます。それで冷静になれる」というライフハックがあるようです。うーん、それでもすごい。

「ついり10箇条」も圧倒的です。6、9なんてなかなかできません。

1 学校の友だちの名前を出さない(ω)
2 守秘義務を守る(ω)
3 きもちをこめてついる(ω)
4 なるべくいろんな話をする(ω)
5 人の悪口はゆわない(ω)
6 絶対にネットでおこったりイライラしない(ω)
7 たくさんの人が読んでくれていることを忘れない(ω)
8 なるべく自分にひはんてきな意見はりついとする(ω)
9 いつも楽しくルンルンルン(ω)
10 早くねる(ω)

[N] はるかぜちゃんのツイッター「ついり10ヶ条(ω)」がとても素晴らしい


ネットで飛んでくる毒矢に対しては、僕も日々向き合い方に苦悩しています。最近は余裕も出てきたので、エゴサーチなんかもしたりしています。全部見てるとやってられないので基本はブロックですが…。

はるかぜちゃんから学べることは多いです。オンラインで情報発信を行っている人はぜひフォローを。


関連本はこちらがおすすめ。誰もが「有名人」になってしまう時代はもう来ています(レビュー)。

「特定のセグメントの人に知られている」ということと、「不特定多数の人が知っている」ということは雲泥の差。その違いを分かっていなかった。


「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)

posted with ヨメレバ
勝間 和代 ディスカヴァー・トゥエンティワン
2012-04-28
Amazon 楽天ブックス 図書館

あわせて読みたい

「ソーシャルメディア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    外務省は韓国の告げ口外交許すな

    tenten99

  2. 2

    "保守化"を認められない老人たち

    城繁幸

  3. 3

    加計で総理批判する国民に疑問

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  4. 4

    暴言の豊田氏 辞職は困る自民党

    猪野 亨

  5. 5

    中田宏氏 私も秘書に暴言吐いた

    中田宏

  6. 6

    蓮舫代表「私の国籍は日本のみ」

    PRESIDENT Online

  7. 7

    笹子トンネル事故に"新事実"判明

    週刊金曜日編集部

  8. 8

    橋下氏「都議会の酷さも批判を」

    橋下徹

  9. 9

    職場で「ノンアル」は懲戒処分に

    キャリコネニュース

  10. 10

    「愛している」海老蔵さんが会見

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。