記事

二年間で転職・求職にかかった費用を計算してみた。

 2010年3月に、広告企画会社を会社都合で退職、つまり解雇が決まってから、2012年の3月までの間に私Parsleyの転職・求職してきた結果について、ここに晒してみようと思う。
 まず、僕のスペックとしては、派遣社員として営業事務を約1年経験した後、アダルト系出版社に2年10ヶ月在籍、IT系ベンチャーでWebディレクターとして1年半在籍、広告企画会社に6ヶ月在籍。ちなみに解雇理由はぜんそくで健康状態が思わしくないこと。

 2010年3月から、2012年3月までの間に、エントリー・履歴書送付したのは、正社員・契約社員318社、アルバイト65社に及んでいた。そのほか人材派遣・登録会社22社のお世話になっている。派遣社員として紹介があったのは、総計で76件だった。また受託案件で52件ほど紹介や応募をしたが、それはここでは除いておく。
 そのうち、面接したのは、正社員・契約社員130社、アルバイト24社だった。さらに二次面接まで呼ばれたのが12社あり、三次面接まで行ったのが4社あった。アルバイトのうち、2次面接があったのが3社。
 派遣社員としては、29件就業先の担当者との顔合わせをしている。

 受けた業種はIT系、特にWebディレクター職が半分以上。他にも営業・企画・バックオフィス系も待遇などを考慮した上で応募している。アルバイトは、スーパーやファミリーレストランの接客業から、工場での仕分け作業、警備員、携帯電話販売といった多岐にわたる案件に応募している。
 年収は、希望としては360万円にラインを置いていた。しかし、書類面接では「年収に対するこだわりがない」旨を明記しておいた。また、勤務先は東京都内、川崎・横浜市内で探した。

 で。結果として。内定・入社に至ったのはゼロだった。

 まぁ、採用されなかったことに関しては、先方の人材要望とのマッチングがなされてなかったり様々な要因があると思う。なによりも、Parsleyの経歴はかなりの「ヨゴレ」なので、使いづらい人材だと思われたことだろう。
 しかし、アルバイトでもスーパーでさえ書類選考の段階で実質的に落とされた(返信がない)ことや、ファミレスで店長さんに「接客向いてない」と通告されたことは、かなりダメージを受けた。これでも60席規模のカフェにてひとりでホール回していた経験あるんですけれどねぇ…。
 要するに、「30代男性」をどこの職場も「なるべく取りたくない」というのは厳然とした事実なんだと思う。あと、一般的に「簡単に就ける」と思われているお仕事、例えば警備員なども、資格や経験を重視されるから、登録してもなかなか紹介されないということは、あまり知られていないことなのではないだろうか。

 まぁ、私がなかなか採用されないことは、このエントリーの本題ではない。
 たわむれに、転職・求職活動にかかった費用を計算してみて、ちょっと青くなっちゃったんで、皆様にもご開帳するのが目的なのです。
 では、どうぞ!

 ★書類送付
 
 履歴書  7210円 (172件分)
 写真代 15000円
 郵送費  3780円 (47件)

 ★交通費

 147820円 (183件・195回分)

 ■総計
 
 173810円

 このほか、散髪をひと月に一回したり、シャツを新調したり、スーツをクリーニングに出したり、時間つぶしのためにカフェに寄ったりした分を計上するとするならば、軽く20万円は超える額になる。
 私の感覚からすれば、「えーじぶん20万円も無駄金使ってるの!?」という感覚なんのだけど、いかがでしょう。
 失敗しているのは、履歴書と証明写真をバカ正直に毎回払っていること。履歴書はネットでフォーマットをダウンロードして自宅で印刷するべきだったし、証明写真も一度撮影してセブンイレブンのネットプリントを利用すればかなりコストダウンできるはず。
 だけど、一番使っている交通費だけはどうすることもできないなー。

 そして、お金以上に時間的な損失が大きい。
 単純に一回の面接に60分、書類作成などに90分、移動時間に90分かかったとすると780時間(46800分)を使っていることになる。32日分あまりかぁ…。この間いろいろなことできたなぁ。

 そんなこんなで。
 これから転職をしたいと考えている方は、自分の血を流すだけの(主にお財布面での)体力とそれ相応の覚悟が必要だよーという話でした。

あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    水原希子「日本人」発言は捏造

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  3. 3

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  4. 4

    iPhoneXで生活は全く変わらない

    永江一石

  5. 5

    国民に刺さるのは左翼でない野党

    AbemaTIMES

  6. 6

    水原希子ヘイト騒動 本人も問題?

    メディアゴン

  7. 7

    都知事 秘書の異常待遇言及せず

    週刊金曜日編集部

  8. 8

    車道ベビーカーなら「日本死ね」

    花水木法律事務所

  9. 9

    10月解散総選挙なら自民の不戦勝

    NEWSポストセブン

  10. 10

    河村市長は衆院選出馬やめるべき

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。