記事

LINEはクローズド以外求められてないのが課題だし、mixiはLINEガチ競合アプリをすぐに出すべき。

LINEのソーシャルネットワーク化の先にあるものにまつわる一連の意見ツリーを見ての感想はタイトルの通り。

意見に反論はないのだけど、細かいところで気になったところ。

・ツイッターがITリテラシーが高いユーザーのプラットフォームというのは間違ってます。

アーリーアダプターが残ってるサービスは漏れなくITリテラシーの高いサービスと言われるのは、そういうのが自分の目線で目立つから、だろうね。結局グリーなりmixiなり、携帯電話でフィルターされてアーリーアダプターがほぼ離れたのが象徴的だけど、スマホネイティブサービスだと今後、どう言われるんだろう。Pathとかね。

そういう意味ではLINEは面白くて、現時点があくまでもパーソナルツールが故に、アーリーなユーザーのサービスとは言われないですね。ちなみにLINEはテレビCMをやる前から凄かったです。TV CMって本来そういうブランドがやるべきものなんでしょうね。競合にはダメ押しに近いのがTV CM。


・…ということで、日本のツイッターも同様の理屈でLINEにアテンションを相当吸われると思います。はい。

フォロワー10人以下で友達やママ友とだけ繋がれば良いという層や犯罪自慢を意気揚々とオープンネットワークに書いてしまう人達は、自分が使ってるサービスがオープンSNSかクローズドかは大きくは意識せずクローズド的に使っています。少なくとも犯罪自慢をする人に2ちゃんねるに代表されるオープンインターネットの弱肉強食の世界は無縁だったハズです。そういう人達にとっては、LINEとtwitterは比較的同じ存在だと思うのです。

・電子メールのインフラって何人が使っていたと思いますか?

LINEはワールドワイドで言うならSMS、日本で言うならi-modeメールの代替の立ち位置をゲットしました。スタンプはi-modeの絵文字の発展版ですね。個別課金の絵文字をこうもスピーディに実現したと考えると素晴らしすぎます。

ただ、電子メールのインフラはオープンなので数千万人使っていても別に気にされていませんでしたが、LINEは業界挙げて大騒ぎです。

メールインフラの上でゲームを展開する、とかメーラーにゲーム機能を付けて使われると思いますか?

中の人は言うほど楽観してないと思うのです。多分ね。
それがタイトルに書いた部分。とにかく気を抜かず頑張っておられることと思います。

しかし、ロングテールのテールをささえていたツイッターユーザー層には代替にはなるのでしょう。また、メルマガマーケが強かったモバイルコマースは全く同じ理屈で当たるんでしょうね。TVの通販みたいなタレントをキーにした訴求がそのままできそう。

またNHNさんはマーケティングはプロ中のプロ集団なので、ここで書いてる問題点はハナから理解されていて作られてると思うので、うまく行く可能性も高いと思うのです。

それが意見自体に反論がない、という理由。

前やってたmixi社のソーシャルグラフ再構築戦略に違和感があったのは、あくまでもユーザーのハッピーがそのサービスが持つソーシャルグラフを活性化すると思うのですよね。せっかく、既にオープンもクローズも兼ね備えた希有なサービスなのだから。そういう意味ではmixi社は今すぐLINE競合アプリを作って、リアルタイムメッセージングのコミュニケーションをマイミク間で促進してもらえば良いと思うのです。

あわせて読みたい

「LINE」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本人がアメフト問題に腹立つ訳

    永江一石

  2. 2

    ローソンは行列生むレジ改善せよ

    内藤忍

  3. 3

    空気読めない時代遅れの日大広報

    渡邉裕二

  4. 4

    橋下徹氏が日大問題で学生へ謝罪

    橋下徹

  5. 5

    米朝会談中止は習近平氏が影響か

    MAG2 NEWS

  6. 6

    眞子さま見せた紀子さま拒絶の姿

    NEWSポストセブン

  7. 7

    森友交渉記録に昭恵氏関与の形跡

    森ゆうこ

  8. 8

    米朝首脳会談決裂で困るのは日本

    天木直人

  9. 9

    よしのり氏 米国は戦争の覚悟か

    小林よしのり

  10. 10

    日大に致命傷与えた稚拙な広報

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。