記事

業界が期待をかけた3Dブームも終わりかな

テレビの3D化については、サムスンとLGが標準規格の主導権をめぐって、技術の優位性を公開検証することを行ったりしているようですが、ニーズのないところでいくら技術を競っても虚しく感じます。

もともとニッチなマーケットとしては成り立ったとしてもその域を超えないところに業界がこぞって参入し、競い合うと価格下落が加速することは当然で、登場して一年で、はや40型で非3D薄型テレビよりも安い10万円を割るものが登場してきています。プレミアム価格となるほどの価値はなかったということでしょう。

ゲーム機ならば、すこしは需要があるかと思っていたのですが、こちらはソフトが不足、またゲームのハードルが高いと、いまひとつ盛り上がりに欠けるようです。東日本での震災、その後の広告の自粛など、3DSに期待をかけた任天堂にとってはアンラッキーなスタートとなってしまいましたが、発売当初の売れ行きの勢いもなくなり、中古価格も落ちてきているようです。また3DSのソフトで人気のないものはすでに投げ売り状態になっているとか。

『ニンテンドー3DS』のゲームソフトが激安価格で販売されている - ガジェット通信 :

3Dは映画にしても、テレビにしても、ゲームにしても、面白いコンテンツをつくることは、企画にしても制作にしてもハードルが高く、またコストもかかるので、このご時世には向いていないのかもしれません。

業界がこぞって期待をかけて殺到した3Dですが、なにかかつてのセカンド・ライフを彷彿させるものがあります。そろそろ3Dになぜのめり込んでしまったのかの検証が必要ではないでしょうか。

人びとがもとめているのは、テレビがどう見えるかではなく、テレビでこれまでに体験したことのないなにができるかで、いくら普通の自動車にウィングをつけても、それはレーシングカーにはならないし、ましてや空を飛ぶ飛行機になるわけではありませんからね。

トピックス

ランキング

  1. 1

    クロ現「日本の防衛」報道に驚き

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    加計で総理批判する国民に疑問

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  3. 3

    笹子トンネル事故に"新事実"判明

    週刊金曜日編集部

  4. 4

    小林麻央 2年8ヶ月ガンとの戦い

    渡邉裕二

  5. 5

    田原氏語る共謀罪強行採決の理由

    田原総一朗

  6. 6

    "保守化"を認められない老人たち

    城繁幸

  7. 7

    石破氏 自民党は議論の自由ない

    『月刊日本』編集部

  8. 8

    外務省は韓国の告げ口外交許すな

    tenten99

  9. 9

    麻央さん死去 報道の姿勢に苦言

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    中田宏氏 私も秘書に暴言吐いた

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。