記事

観光客への不親切度ランキング フランス1位

imagesドツメディアの2012年5月15日の報道によると、世界的に有名な旅行予約サイトはこのほど、世界の1200人の観光客を対象に調査を行った。その結 果、19.29%の外国人観光客が「フランスは最も観光客に無礼な国」と見ている。「ワイン」と「ロマンチックな愛」のイメージがあるこの国は、観光客に 対して非常に「無作法」とされた。「世界最大の国」ロシアは16.56%で2位になり、ロシア人は外国人観光客に対して現地の天気のように「寒い」 と評価された。3位は今年のオリンピック開催国のイギリスで、「国民は酒とサッカーにしか興味がない」と、10.43%の観光客がイギリス人は「冷たい」 と感じている。4位はドイツで、回答者の9.93%が「ドイツには観光大国の質が欠け、国民が親切ではない」と批評した。観光大国に向けて発展している 「新 興超大国」中国は、「この文明古国は外国人観光客に不親切」とされ、5位だった。6位から9位は順に米国、スペイン、ポーランドとイタリア、トルコで、イ ンドとスイスは10位で並んだ。記事はまた、世界にはブラジル、フィリピン、タイのような楽しく幸せな様子で外国人観光客を迎える国もあるとした。参照記事

自分の聞いた記憶では、その国が「観光客」に対して無作法になる理由には、観光客側の無作法もあるようだ。フランスなど、歴史的に観光客が多く、中には図々しい環境客も多いようで、それで冷たい対応になることもあり、具体的にはゴミをまき散らかしたり夜も騒ぐ観光客にフランス人がうんざりしていると聞いたこともある。たとえば北欧では以前、ドイツ人観光客は歓迎されていなかった。彼等は自国から車で来るのが多いが、食糧はドイツから持ち込み、その国ではお金を使わない事で有名で歓迎されていなかったが、全ては北欧の物価が高いのが原因で、嫌われるドイツ人には同情した。2位のロシアは言葉の違いが原因の様な気がする。経験からだが、とにかく英語も通じないので困った経験がある。このリストで、そこの国民の気質まで判断はできないが、こんな統計もありましたと言うことで、、。

あわせて読みたい

「フランス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都知事選の大本命 小池百合子氏を阻む壁

    PRESIDENT Online

  2. 2

    日本の新聞とテレビが医学に落とす"暗い影"

    岩田健太郎

  3. 3

    "SEALDsを神輿に担ぐ政党には吐き気がする"

    小林よしのり

  4. 4

    TDLで"毛皮反対アピール"の残念な行動

    WEDGE Infinity

  5. 5

    自民党都連はなぜ小池氏出馬で混乱したのか

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    スコットランドがEU残留を決断 行政府首相

    ロイター

  7. 7

    都知事選の費用約50億円、もったいない

    小池百合子

  8. 8

    "ヨーロッパ共同体"と"国民国家"の葛藤

    内田樹

  9. 9

    非正規の貧民が"アベノミクス死ね"の理由

    ニャート

  10. 10

    "共産党は変わった"というのは危うい考え

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。