記事

君が代がいやなら教員(公務員)を辞めればいい。職業選択の自由はあるんだぞw(ドヤッ

・・・という発言を、国旗国歌を強制したい人がしているのをよく見かけます。そういうコメントをもらうこともあります。これは「職業選択の自由」を全然理解できていないことを指摘しておきましょう。君が代を強制されるのがどうしても耐えられない。それから逃れるには教職を辞めるしか道は残されていない。

こういうとき、職を辞す選択を選ぶ余地があることを「職業選択の自由」があるとは、言いません。「言論の自由」の中には沈黙する自由も含まれています。

例えば、政府や体制を批判した市民が逮捕拘束されたとしましょう。そのとき官憲が迫ります。

「体制批判した出版物を全部燃やして、今後一切体制批判の発言をするな。そうすれば釈放してやる。それが嫌ならずっと囚われの身だ」その市民が今後体制批判の口をつぐむことを選んだとき、「沈黙する自由」があるとは言わないでしょう。

「君が代が嫌なら公務員辞めろ。職業選択の自由はあるんだぞ」というのは、「弾圧が嫌なら沈黙すればいい。言論(沈黙)の自由はあるんだぞ」といってるのと同じです。

また、「公務員は職務命令に従え。権利を言う前に義務を果たせ。それが嫌なら公務員辞めて民間にでもいけ。職業選択の自由はあるぞw」

これは実は民間だとこうなります。「サービス残業命令に従え。休みが欲しいという前にノルマを果たせ。低賃金長時間労働が嫌なら会社を辞めて公務員にでもなれ。職業選択の自由はあるぞw」職業選択の自由とは、職を失うか、奴隷になるか、どちらかを選ぶ自由を持っていることではありません。基本的人権に対する基礎的な知識の欠如、無理解は自分に致命傷を及ぼしかねません。

あわせて読みたい

「君が代不起立問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

  2. 2

    「米軍に勝てない」北幹部が動揺

    高英起

  3. 3

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  4. 4

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  5. 5

    総選挙は橋下氏出馬次第で変わる

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  6. 6

    北の核 東京直撃なら死者85万人

    文春オンライン

  7. 7

    発言捏造? 水原希子の動画を検証

    西村博之/ひろゆき

  8. 8

    都民ファ議員 週刊誌報道に反論

    斉藤れいな

  9. 9

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

  10. 10

    橋下氏「北対策はヤクザに聞け」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。