記事

君が代がいやなら教員(公務員)を辞めればいい。職業選択の自由はあるんだぞw(ドヤッ

・・・という発言を、国旗国歌を強制したい人がしているのをよく見かけます。そういうコメントをもらうこともあります。これは「職業選択の自由」を全然理解できていないことを指摘しておきましょう。君が代を強制されるのがどうしても耐えられない。それから逃れるには教職を辞めるしか道は残されていない。

こういうとき、職を辞す選択を選ぶ余地があることを「職業選択の自由」があるとは、言いません。「言論の自由」の中には沈黙する自由も含まれています。

例えば、政府や体制を批判した市民が逮捕拘束されたとしましょう。そのとき官憲が迫ります。

「体制批判した出版物を全部燃やして、今後一切体制批判の発言をするな。そうすれば釈放してやる。それが嫌ならずっと囚われの身だ」その市民が今後体制批判の口をつぐむことを選んだとき、「沈黙する自由」があるとは言わないでしょう。

「君が代が嫌なら公務員辞めろ。職業選択の自由はあるんだぞ」というのは、「弾圧が嫌なら沈黙すればいい。言論(沈黙)の自由はあるんだぞ」といってるのと同じです。

また、「公務員は職務命令に従え。権利を言う前に義務を果たせ。それが嫌なら公務員辞めて民間にでもいけ。職業選択の自由はあるぞw」

これは実は民間だとこうなります。「サービス残業命令に従え。休みが欲しいという前にノルマを果たせ。低賃金長時間労働が嫌なら会社を辞めて公務員にでもなれ。職業選択の自由はあるぞw」職業選択の自由とは、職を失うか、奴隷になるか、どちらかを選ぶ自由を持っていることではありません。基本的人権に対する基礎的な知識の欠如、無理解は自分に致命傷を及ぼしかねません。

あわせて読みたい

「君が代不起立問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ニコ生主が反NHK政党で市議当選

    岡 高志 (大田区議会議員・政党無所属)

  2. 2

    米国ではありえない日本の光景

    MAG2 NEWS

  3. 3

    米が恫喝 安倍首相の面目丸潰れ

    天木直人

  4. 4

    大阪の大型地震「初めはドーン」

    THE PAGE

  5. 5

    片山晋呉に激怒した招待客とは

    NEWSポストセブン

  6. 6

    盗聴取材の共同記者に真相直撃

    NEWSポストセブン

  7. 7

    レスリング騒動は栄氏だけが悪か

    舛添要一

  8. 8

    価格崩壊? マンション購入の危険

    MAG2 NEWS

  9. 9

    RAD炎上に便乗した人は認識不足

    赤木智弘

  10. 10

    イオン苦境 要因は衣料品の不振

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。