記事

君が代がいやなら教員(公務員)を辞めればいい。職業選択の自由はあるんだぞw(ドヤッ

・・・という発言を、国旗国歌を強制したい人がしているのをよく見かけます。そういうコメントをもらうこともあります。これは「職業選択の自由」を全然理解できていないことを指摘しておきましょう。君が代を強制されるのがどうしても耐えられない。それから逃れるには教職を辞めるしか道は残されていない。

こういうとき、職を辞す選択を選ぶ余地があることを「職業選択の自由」があるとは、言いません。「言論の自由」の中には沈黙する自由も含まれています。

例えば、政府や体制を批判した市民が逮捕拘束されたとしましょう。そのとき官憲が迫ります。

「体制批判した出版物を全部燃やして、今後一切体制批判の発言をするな。そうすれば釈放してやる。それが嫌ならずっと囚われの身だ」その市民が今後体制批判の口をつぐむことを選んだとき、「沈黙する自由」があるとは言わないでしょう。

「君が代が嫌なら公務員辞めろ。職業選択の自由はあるんだぞ」というのは、「弾圧が嫌なら沈黙すればいい。言論(沈黙)の自由はあるんだぞ」といってるのと同じです。

また、「公務員は職務命令に従え。権利を言う前に義務を果たせ。それが嫌なら公務員辞めて民間にでもいけ。職業選択の自由はあるぞw」

これは実は民間だとこうなります。「サービス残業命令に従え。休みが欲しいという前にノルマを果たせ。低賃金長時間労働が嫌なら会社を辞めて公務員にでもなれ。職業選択の自由はあるぞw」職業選択の自由とは、職を失うか、奴隷になるか、どちらかを選ぶ自由を持っていることではありません。基本的人権に対する基礎的な知識の欠如、無理解は自分に致命傷を及ぼしかねません。

あわせて読みたい

「君が代不起立問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏が暴いた"森友騒動の真相"

    PRESIDENT Online

  2. 2

    シン・ゴジラ 海外で大爆死なぜ?

    ニコニコニュース

  3. 3

    "嫌韓報道"は保守派を敗者にする

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  4. 4

    てるみくらぶの経営非難は筋違い

    坂野真一

  5. 5

    渡辺謙 一般女性と3年近く不倫か

    文春オンライン

  6. 6

    空っぽになった日本の「愛国」

    マガジン9

  7. 7

    宗男氏"不愉快"森友の扱われ方に

    鈴木宗男

  8. 8

    野党は籠池夫人封書の一枚目暴け

    小林よしのり

  9. 9

    昭恵氏付職員に責任負わせる政府

    国家公務員一般労働組合

  10. 10

    森友 夫人付きの主張を巡る謎

    メディアゴン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。