記事

ミクシィ、身売りの衝撃



一応「投資評論家」という肩書きもあるのですが、日経平均のチャートがこんな状態では記事を書いても誰も読みません。



最近は、私の専門分野のひとつ、ITの記事の方が人気です。そんな中、また注目のニュースが飛び込んできました。
日本を代表するSNS「mixi」が入札形式で身売りを検討という内容です。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20120514/232015/

前職にて、SNS黎明期から開発に携わっていたので、日本のSNSの歴史を振り返りながら、mixi身売りについて考えてみたいと思います。

SNS、その始まりの特異点は2003年、Google社の「orkut」です。「orkut」を知った時、度肝を抜かれました。
「人類データベースを構築できるじゃないか...」
そのことに"気がついてしまった"人たちは、orkutに勝つことを夢想しました。そして一部の人たちは、単なる夢想にとどまらず、自らの手でSNSを構築し始めました。成功すれば、絶大なる権限、そして巨万の富を手中に収められることが見えたからです。

2004年2月、日本初のSNSとして「GREE」が登場します。当時は「グリー」ではなく「GREE」と表記するのが一般的でした。当初のユーザーの雰囲気は、慶応SFC的な香りが漂い、良くも悪くも"意識が高い"人々が集まる場でした。

当時の私はネットコミュニティの研究員をしており、ネット史上最速、いや人類史上最速のスピードで会員数を獲得していくGREEの興起を目の当たりにしていました。まだ楽天社員だったGREE社長の田中さんに話を伺いに行き、彼のぶれない自信を確認しました。
そして自らも自らの野心に屈し、自分(たち)のSNSを開発しました。

「キヌガサ」や私たちが作ったSNSなど、何十、何百のSNSが百花繚乱。私の取り組みにも日経新聞やダイヤモンドが取材に来ました。
しかし、先行する「GREE」と他のSNS群の間には何十馬身も差が付いていました。前を見ても、馬の尻尾なのか、女子高生のポニーテールなのかも見分けがつかないほどでした。
そんな中、GREEの独走に待ったをかけたのは、笠原さんの「mixi」でした。ポップな色使いと馴染みやすいインタフェイスで一気にGREEを差しました。現在、会員数(ID数)2,000万人と日本一のSNSとなっています。
#ちなみに私のIDは4桁です。

ネットと言えば、いつも話題の中はSNSな時代であり、アルバート・ラズロ・バラバシの「新ネットワーク思考」など絡めて語られることが多かったです。

国内だけでなく、米国のSNS事情についても調査し、当時からFacebookには注目していました。ただ、個人的には「orkut」が日本にも上陸し、覇権を取ると予想していました。なにせ、あの"Google"なのですから。
しかし、実際にはGoogleはSNS以外の全ての覇権を取るものの、SNSだけはザッカバーグ譲ってしまいました。GoogleがSNS市場を抑えなかった理由は未だにわかりません。

日本では、mixiが日本の頭の天辺から爪先までを覆い、GREEは風前の灯火に見えました。ここから復活するのは、ボーリングの「7と10」のスプリットを取るよりも難しく思えました。
しかし、GREEはKDDIと資本提携、携帯ゲーム開発という英断により蘇生します。そして見事、mixiに再逆転を果たしました。

現在は、GREEと同じように携帯ゲームを主軸としたディー・エヌ・エーの「モバゲー」がヒットし、GREEとモバゲーが二大勢力になっています。
純SNSとしては黒船Facebookが日本でも定着。立ち位置を失ったmixiは失速し今回の身売りの報道となりました。
さて、この売却は実現するのでしょうか。実現するとしたら、勢力図がかわります。上がる銘柄、下がる銘柄は要チェックです。

ところで、mixiとは全く別の話をひとつ。まだネットには恐らくどこにも書いていありませんが、某大型サイトについても身売りの噂が流れています。あまりにも影響力がある話のなのでさすがに書けないのですが、メルマガで軽くだけ触れています。

BLOGOSで読む
foomiiで読む



あわせて読みたい

「mixi」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    行方不明2歳発見の職人技を称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    大塚家具 マック再建と社長に差

    大西宏

  3. 3

    阿波踊り強行は対案ない赤字無視

    永江一石

  4. 4

    安倍首相 皇太子さまの人脈懸念?

    NEWSポストセブン

  5. 5

    よしのり氏「元号先出しは失礼」

    小林よしのり

  6. 6

    2歳児発見の男性「山だと確信」

    AbemaTIMES

  7. 7

    なぜ海外は1ヶ月近く休暇とるか

    MAG2 NEWS

  8. 8

    謎の退任 三菱UFJ前頭取に直撃

    文春オンライン

  9. 9

    ボクシングより酷い競技団体の闇

    メディアゴン

  10. 10

    山口の行方不明2歳発見 母が会見

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。