記事

「朝まで生テレビ!」でわかった沖縄問題の本当の問題とは?

先日の「朝まで生テレビ!」で、沖縄の基地問題を現地・沖縄でやった。
この激論で僕はいろいろと考えさせられた。

なによりも沖縄の人びとは、米軍よりも自衛隊を嫌っていた。
そして、アメリカに対するよりも、日本政府に対する不信感が強かった。
この責任は、主として民主党政権にあるのだ。
自民党政権の時代には、沖縄の県知事や名護市長たちは普天間基地を 辺野古へ移すことに賛成していた。
沖縄の人たちの理解を得るために、自民党の野中広務さんや元外交官の 岡本行夫さんたちが沖縄に何度も足を運んだ。
そして、1年のほとんどを沖縄で過ごすくらいの覚悟で沖縄に通い、 沖縄のたくさんの島の人びとと食べて飲んでとことん話し合った。
だから、沖縄の人びとは、世界でもっとも危険とも言われる普天間基地の 辺野古への移転を納得してくれたのだ。
それに対して、民主党政権は手抜きもいいところだ。

鳩山由紀夫首相は普天間基地を、「最低でも県外に移す」とあてもなく言い、 期待を持たせ、その後、「学べば学ぶほど米海兵隊の抑止力がわかった」 と言い、沖縄県民を裏切った。
今回、パネリストとして参加してくれたケビン・メア氏(元米国務省日本部長、 元沖縄総領事)と『自滅するな日本』という本で対談したとき、 メアさんは当時、鳩山発言を「アホかと思った」と大いに呆れていた。
その後の菅直人首相は、沖縄との関係をよくするための努力を何もしなかった。
だから、沖縄の人たちはとても憤った。
そして、その神経をさらに逆撫でするように、野田佳彦首相は沖縄の人たちと 話し合いをすることもなく、「辺野古に移す」「辺野古に移す」と言い続けている。

ほんとうに無責任極まりない。
だからこそ沖縄の人たちは、アメリカ政府より日本政府に不信感を持ち、 米軍より自衛隊を嫌うのだ。
民主党政権になって、野中さんや岡本さんのように1年のほとんどを 沖縄で暮らすくらいの覚悟で、沖縄の人びとと密着して話し合う。
そういう大臣も政治家がまったくいないのだ。
民主党政権が沖縄の人びとの信頼を得るために何をすべきか。
担当の大臣はもちろん民主党の幹部たちが、それこそ沖縄に住み込むくらいの覚悟で 何度も足を運び、沖縄の人びとと何十時間も何百時間も話し合うことが肝心だ、 と僕は思う。
しかし、彼らはその努力をまったくしようとしない。

番組を見た視聴者の方たちから、「番組が偏り過ぎている」「左翼ばかりが出ている」 という批判をたくさんいただいた。
だが、決して偏った人選をしたのではない。
地元の放送局に頼んで、平均的な考えの人たちを集めてもらったのだ。
偏った人選に見えるのは、沖縄の人びとが日本政府にいかに不信感をもっているか、 という証拠だと僕は思う。

今回の「朝まで生テレビ!」は放送25周年記念スペシャルとして、沖縄からお届けした。
しかし、非常に残念なことに視聴率は4年ぶりの低視聴率だった。
東京はじめ、本州の人びとは「沖縄の問題」に関心を持っていないのではないか。
自分たちには関係ない、「沖縄の問題」は沖縄の人びとに押しつけておけばよい、 と思っているのではないか。
沖縄のいちばんの問題は、そこにある。
今回の「朝まで生テレビ!」は考えさせられることが実に多かった。

あわせて読みたい

「普天間基地移設問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  2. 2

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  3. 3

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  4. 4

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  5. 5

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  6. 6

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  7. 7

    消費税の使途変更めぐり解散表明

    BLOGOS編集部

  8. 8

    正恩氏声明が「読めない」と話題

    ロイター

  9. 9

    小池結党宣言は安倍会見を陳腐に

    早川忠孝

  10. 10

    宣戦布告発言は米と北の戦争抑止

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。