記事

副業を始めてわかったこと

以前、研究者は副業をはじめるべきだと書きました。
研究者は副業をするべき - AMOKNの日記

で、自分自身も昔から副業(といっても、若い医師ならみんなしている当直などのバイトです)はしていたのですが、帰国後は一から探す必要がありました。

アメリカに行く前はどちらかというと、お金のためにバイトを探すという感じでしたが、年齢も年齢ですから好きでもないことはしないという方針にして、当直は基本的にしていません。いくつか話のあった中から、それなりにペイが良くて、かつ快適に働けるところだけを選んで行っています。

結果、4県にまたがり、現在、5箇所の病院や大学で働いています。しかも、全ての職場で求められる知識とスキルは異なります。

特に今まで全くしてこなかったことは教育です。生まれて初めて、教師として教壇に立ってみて、教育の面白さがわかりましたが、それは別の機会に書きます。

こういう働き方をしてみて、わかったこと。

例え年収が2000万を越えるとしても、ひとつの病院で働くのは地獄。(私自身にはそれだけの知識もスキルもないのでありえない話ですが)

毎日毎日同じような患者さんを延々見続けるのは本当に地獄です。しかも、休みはどんなに多くても飛び飛びで週休2日。連続した休みが取れることはほとんどありません。

よく開業医の先生が使う言葉があります。

「息抜き」です。

週末にゴルフをしたり、友だちと麻雀をしたり、子供と遊んだり、趣味のオーディオやホームシアターをしたりといろいろですが、息抜きが必要だというわけです。

一方、私の場合。

気楽に楽しく働ける職場ばかり選んでいるため、休日はほとんどありませんが、毎日が息抜き状態です。

それぞれの職場で対応するべき相手から求められているものが異なるし、そもそも相手の種類が全然違います。寝たきり老人、若い綺麗な女の子、精神病の人、主婦、医学生、医師、看護師や看護学生、経営者、一般的な患者さんなどです。

当然、研究する時間も減りますが、どうせ一度はやめようと思ったことだし、時間がないし、どうせやるならNature, Scienceを狙えるようなことだけをしようと割り切れます。そこにマテリアルがあるからだとか、それがラボの設備で出来るからだとかの理由ではしません。

それがセクシーな研究であるからという理由でのみやることにしています。

ということで、副業のない生活は考えられないというのが今の気持ちです。

あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「日韓合意は失敗」

    小林よしのり

  2. 2

    舛添氏 死去の西部邁氏を追悼

    舛添要一

  3. 3

    橋下氏 リツイートも名誉毀損に

    橋下徹

  4. 4

    電車内出産の批判に「闇感じる」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    よしのり氏 徴兵制の実現は無い

    小林よしのり

  6. 6

    松本人志 小室謝罪に「何の罪?」

    女性自身

  7. 7

    野村克也「寂しくて仕方がない」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    辺野古デモの訴える非暴力に疑問

    和田政宗

  9. 9

    ハリウッドの過剰な正しさは悲劇

    自由人

  10. 10

    舛添氏 西部氏に「冥福を祈る」

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。