記事

書評:地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか?

地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか? (ちくま新書)
久繁 哲之介
筑摩書房

このアイテムの詳細を見る

以前、映画『国道20号線』の富田監督と対談した時、社会がどんどん発展して、インフラや衣食住の地域差がなくなるほどに、逆に地方と東京の格差は拡大するよねという話題となった。国道というインフラを通じて、地方は物流から価値観にいたるまで東京型に組み込まれ、都市から流される情報の受け手に成り下がる。その中で育った若者の多くは都市へと流出し後にはチープで金太郎飴的な寂れた地方都市だけが残るというわけだ。その時は解決案までは思い浮かばなかったのだが、たまたま手にした本書の中にそれがあった。

もはや日本は全国一律のインフラは維持できないので、今後は過疎地域から中核都市への集約が進むはずだ。その中で、駅前の再開発や大規模ショッピングセンターの誘致は、一見すると時流に即したアプローチに見える。

だが“宇都宮109”のように、失敗するものが少なくない。むしろ、松江の天神町商店街や善光寺前のぱてぃお大門のように、成功事例として取り上げられていても実際には地域活性化につながっていないケースが少なくないと著者は指摘する。

理由は、トップダウン式の押し付け再開発にある。国や自治体、都市計画者や建築学者には、各々がイメージする理想郷がある。そして、それは必ずしも地域に適合するものではない。たとえば欧米の大学院で学んだ都市計画とやらを持ち込まれても(文化が全然違うわけだから)山口や島根の人が喜ぶわけではないし、お役所の縦割りから生まれた行政サービスが非効率なのは今に始まったことではない。エコを掲げつつ車社会重視で路面電車を廃止し、43階建ての高層ビルを駅前に立てた岐阜市が典型だろう。開業三ヶ月で一階テナントが撤退した岐阜シティタワー43は、様々な人達の理想と妥協の差物である。

では、地域再生に必用なものとは何か。著者は地域再生の本質は「交流、心の再生」にあるとし、そのために交流や地域愛を柱とする7つのビジョンを掲げる。その内容まではここでは書かないけれども、そこまで読み進めた後なら、宇都宮109が流行らなかった理由はすっきりと頭に入ってくるはずだ。渋谷の109の劣化コピーを持ってきて、地元の姉ちゃんに売らせたところで、カリスマ店員のようにはいかない。そういうのが好きな人は「やっぱり渋谷じゃないとダメだよね」となり、もともと興味のない人は最初から寄り付かないだろう。

自治体の担当者はもちろん、町おこしに少しでも興味のある人には強くおススメしたい一冊だ。

トピックス

ランキング

  1. 1

    人気グラドル 枕営業告白の真意

    文化通信特報版

  2. 2

    NHK受信料700億円増も用途に疑問

    わんこ☆そば

  3. 3

    安倍首相 欠席のふりして平昌へ?

    天木直人

  4. 4

    橋下氏 統一会派破談に「当然」

    橋下徹

  5. 5

    電ファミ 誤報も開き直りで炎上

    tenten99

  6. 6

    松井府知事の名誉毀損訴えに反論

    米山 隆一

  7. 7

    詩織さん事件 検事名まで黒塗り

    週刊金曜日編集部

  8. 8

    官僚は徹夜も 消耗戦状態の国会

    松井孝治

  9. 9

    核兵器の文句は日本より北に言え

    文春オンライン

  10. 10

    昭恵氏 総理の実家避けホテル泊

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。