記事

大ヒットの方程式 (吉田就彦、石井晃 他)

1/2
4887598467 「大ヒットの方程式」は、ヒットコンテンツ研究所の社長をされている吉田就彦さんが書かれた書籍です。

 副題に「ソーシャルメディアのクチコミ効果を数式化する」と書かれているのにもひかれて買ってみたので、書評抜き読書メモを公開させて頂きます。
 
 この書籍で展開されているのは、ブログの書き込み数を分析することによって、映画のヒット状況がわかるという理論。単純にこうやって書くと伝わりづらいかもしれませんが、実際にこの書籍の中でデータとグラフで語られる具体的な理論はかなり衝撃的です。

 もちろん、この本で語られているほど綺麗にグラフに出てくるのは、映画のように公開数日に話題がピークになるタイプの製品やサービスに限られているかもしれませんが、このあたりは分析対象がブログからツイッターに推移することで適用範囲も広がりそうな予感がします。

 個人的にも、ソーシャルメディアの最大の価値は傾聴にあると考えてきましたが、その傾聴がヒット予測にもつながりうるというのがこの書籍が提示している可能性です。

 ソーシャルメディアの企業のマーケティングへの活用を考えている方にとっては、必読書の一つになりそうな本です。

【読書メモ】

■メディアの職場の3K 「カン」「経験」「根性」

■だんご3兄弟 ヒットのポイント
・イントラネットの存在 
 1日のうちに20件を超える情報がイントラネットを駆け巡りました。
・メディアの力
 NHKのコンテンツがすごい点は、すべての民放放送局が社会現象として扱うことに躊躇しないということ
・ネットを使ったクチコミの力
 だんご3兄弟の情報がネット上をかけめぐっていた割には、すべてが検索に引っかからないという情報の非対称性をロボット検索の存在の有無が生んでしまい、そのことがさらにまた情報の非対称性を助長

■正確に何日で減衰するかを測るには、その特定の話題が、そのときだけの話題でないといけない

■今日では人の噂、というか、ブログ書き込みは2日程度で減衰している

■人々の心に長く残る広告・宣伝を狙うなら、1つ1つは1日か2日で効果が消えてしまうので、時系列的にどのように広告・宣伝を続けていくかが宣伝戦略上重要ということになります。

■人々の購買意欲に影響を与える3つの要素
・広告・宣伝・報道の効果
・クチコミの効果(直接コミュニケーション)
・街中の噂(間接コミュニケーション)

■間接コミュニケーションの部分は、現実のヒット現象を説明するうえで、非常に大きな役割を演じています。 
 特に映画の超大ヒットなどを見ると、間接コミュニケーションが決定的な役割を果たしていて、場合によっては従来から「クチコミ」と言われている部分の効果はそれほど大きくない例もあります。

トピックス

ランキング

  1. 1

    大雪で帰宅命令より朝出社禁止に

    かさこ

  2. 2

    幸福の科学 総裁長男が衝撃退職

    女性自身

  3. 3

    橋下氏 会見開いた岩上氏を批判

    橋下徹

  4. 4

    東京は費用対効果的に雪対策ムリ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    性行為なしの援助交際続ける少女

    渋井哲也

  6. 6

    堀江氏「新幹線高すぎ」に反響

    THE PAGE

  7. 7

    白米を食べられない子供が増加中

    NEWSポストセブン

  8. 8

    センター国語に直木賞作家が挑戦

    NEWSポストセブン

  9. 9

    羽生竜王vs藤井四段 対局は幻に?

    大村綾人

  10. 10

    安倍首相が平昌を欠席すべき理由

    門田隆将

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。