記事

蒼井そら(苍井空)の闘いと中国の怒れる若者たち

1/2
Aoi_sora中国の男性に圧倒的な人気を誇っているセクシータレントの蒼井そらが、自身の誕生日である11日に中国のポータルサイト、新浪(sina.com)でミニブログを開設し、1日で20万を超えるフォローを獲得した。ファンの反応などを鳳凰網が伝えた。(searchinaより

日本のAV女優「蒼井そら」(苍井空)が中国全土の若者たちの心をつかみブレイクしている。
 
自身の誕生日にあたる11月11日に中国のポータルサイト新浪(sina.com)でミニブログ(中国版Twitterサービス)を開設したところ1日で20万人ものフォロアーが殺到した。

中国では、蒼井そらをはじめ日本のAV女優の海賊版DVDが大量に出回っていて、若者たちの間では蒼井そらはセクシーアイコンとして絶大な人気を博していたようだ。

彼女のミニブログのフォロアーは、既に76万人に達しており、その人気を裏付けるとともに、最近の中国における社会現象のひとつとして取り上げられるまでになった。

カマトトぶるわけではないが、私は「蒼井そら」という女優のことを全く知らなかった。アダルトビデオ、DVDも見たことがなく、アダルト系といえば日活ロマンポルノの時代で思考停止しているような状態だったので、上海生まれの中国の知人から蒼井そら(?井空)の中国での人気について聞かされた時には、誰のことを言っているのか見当がつかなかった。

蒼井そらのミニブログに中国の若者が殺到

その話を聞いた後、遅まきながら彼女が出演しているAV作品をiPadにダウンロードして見たり、You tube上のインタビューや著書を読んでとても興味を持った。
 
というのも、蒼井そらというAV女優が、それまで私がアダルト系の女性タレントに対して持っていたイメージとは大きくかけ離れていたところに存在していたからだ。

例えば、亡くなった飯島愛などが、私にとってアダルト系タレントのイメージの原型だ。飯島愛は、過去において複雑な家庭環境や非行の経験などを持ち、コンプレックスや心の傷を抱きながらも逞しく生きていた。私はそうした飯島愛の陰影半ばしたタレントが好きだったが、蒼井そらからはそうした飯島愛が抱えていた傷のようなものや暗さが見えてこない。

彼女の著書「ぶっちゃけ蒼井そら 」(ベスト新書)を読むと、彼女を突き動かしていたものは、飯島愛が持っていたような「過去の傷や影」ではなく、ある種の「空しさ」であったことがわかる。

蒼井そらは、その著書の中で「うちはお金持ちでも貧乏でもなかった」と述べているようにごく一般的な家庭で両親の愛情を受けて育ち、公立の普通の高校生として青春を送り、卒業後は短大に進んで保育士の資格を取る。そのまま、保育士になれば、結婚して主婦となり子供を持ち普通の人生を送ったことになったのだろうが、渋谷でスカウトされたことをきっかけにAVの世界に飛び込んでしまう。

彼女の場合は、他のAV女優のように風俗などの仕事を経て、ずるずるとAVの世界に引きずりこまれたのではなく、普通の生活から決心して、一気にあちら(AV)の世界に飛び込んでいる。彼女を跳躍させたものは何なのかと考えてみると、それは、普通の人生を送ることへの嫌悪、空しさであったのではないかと思う。

普通の人生を送ることへの空しさ

若者には、普通の人生を嫌悪し、拒否する権利があると思う。私自身も含め、かつて若者だった親たちの世代が、「普通で真面目な人生」を送ってきたことを否定するつもりはないが、それは、時代がそうさせたことでしかないとも思っている。

今の親たちが若者だった頃は、この時代の若者たちが置かれている時代とは違って、社会全体が成長・変化していたことで、未来に対する期待や希望が確かに存在していた。しかし、蒼井そらのように、幼年時代を「失われた10年」に育った世代の若者たちには、社会というものは大きな壁のような存在にしか見えないだろう。その内側で生きている限りはそこそこの人生は保障されるかもしれないが、壁の外側の世界は見えない。その壁の外側の世界に出てみたいと思い、それが蒼井そらの場合は、たまたまAV業界だったに過ぎない。

蒼井そらは、初めてのAV作品の収録を終えた後、母親にAV女優になる決心を打ち明ける。

「母の目は赤くなっている。でも母も泣いていない。『そう・・・わかった。ジュン(蒼井そらの本名)ちゃんは昔からやると言ったら聞かないもんね。でも必ず最後までやる子だもんね』・・・母は『賛成はしないけれど応援はする』といってくれた」(「ぶっちゃけ蒼井そら 」より)

AV女優になることを賛成はしないが応援する

長じた娘を持つ同じ親として、私だったら蒼井そらの両親のような言葉はとても吐けなかっただろう。しかし、あえて繰り返せば、若者には、親の世代が認めた普通の生き方を拒否する権利がある。中国風にいえば、「造反有理」だ。

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計問題 職員の反対意見が続出

    文春オンライン

  2. 2

    死後45年ブルース・リー死の真相

    渡邉裕二

  3. 3

    稲田氏PKO日報隠蔽 報道は的外れ

    河野太郎

  4. 4

    英国で激増 硫酸で女性狙う凶行

    木村正人

  5. 5

    「弱さを見せない」蓮舫氏の弱点

    THE PAGE

  6. 6

    AI時代に全く危機感ない日本人

    永江一石

  7. 7

    蓮舫氏の問題は自己矛盾にある

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  8. 8

    説明責任果たした蓮舫氏に感動

    小林よしのり

  9. 9

    二重国籍のまま大臣務めた蓮舫氏

    中田宏

  10. 10

    加計問題が示した霞が関の劣化

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。