記事

Facebookページタイムライン完全ガイド

1/2
2012年3月、Facebookページにタイムラインが導入され、また仕様が大幅に変更になりました。3月30日にはすべてのFacebookページが移行する予定となっています。それまでは、プレビュー期間として、内容の調整をすることができます。また、手動で切り替えることもできます。
今回、Facebookページにタイムラインが導入されたことは、見た目が変わっただけなく、運用方式にも影響を与えます。

そこで、今回は「Facebookページ完全ガイド」シリーズの最新版として、タイムラインの設定と運用のコツについて紹介していきます。

なお、個人プロフィールページのタイムラインについては、「Facebookタイムラインを適用しよう:変更方法と使い方まとめ!」を参考にしてください。

Facebookページをタイムラインに移行するには


タイムラインに切り替えていないFacebookページを表示すると、上部にタイムライン切り替えを誘導するメッセージが表示されます。「プレビュー」をクリックすると、管理人だけが確認できるタイムラインプレビューを表示するようになります。プレビューの場合は、元の表示に戻すことができます。

プレビュー後、「今すぐ公開」をクリックすると、全ユーザーにタイムラインが表示されることになります。

[画像をブログで見る]

Facebookページにメッセージが表示されない場合は、「新Facebookページ」をクリックして、「ページをプレビュー」ボタンをクリックします。

Facebookページがタイムライン化したことによる変化


Facebookページのタイムライン化による変更点を整理してみましょう。

[画像をブログで見る]

①カバー写真
タイムラインになったことにより、カバー写真を利用できるようになりました。カバー写真は、Facebookページの第一印象を左右するとても重要な要素です。

[画像をブログで見る]

カバー写真のサイズは、横縦が851px × 315pxで、横幅が小さい場合拡大されます。縦幅が小さい場合には空白ができます。横幅の最小サイズは399pxです。851px × 315px以上だとアップできません。ゆがみのないきれいな画像を設定するのであれば、ぴったりの画像を用意しましょう。

カバー写真を設定するには、「カバーを追加」をクリックして、すでにアップしている写真を選択する場合は「写真アルバムから選択」をクリックして追加、PCに保存している写真を選択する場合は「写真をアップロード」をクリックして追加します。

[画像をブログで見る]

カバー写真の制限
カバー写真には、企業や製品、サービスのブランドイメージを想起させるようなものを用意しましょう。

ただし、以下のようなものは含めてはいけないと、規約に書かれていますので、十分注意してください。

・価格や購入情報。例:「40%オフ」や「Webサイトからダウンロードしてください」など
・連絡先情報。例:URL、メールアドレス、あるいは、Aboutページにあるような内容
・ユーザーインタフェースを誘導するような内容。例:「いいね!をクリックしてね」、「シェアしてください」など、Facebookの機能に関連するようなこと
・ユーザーにアクションさせるような内容。例:「今すぐ手に入れよう」「友達に知らせよう」

テキストもだめ、というようになっているので、上記のようなものを含まなくても、文章を使ったアピールも、規約違反になる可能性があります。

Facebookの実装事例として紹介されているCoca-Colaがロゴを入れているので、ロゴならば問題ないと判断できます。

②プロフィール写真
プロフィール写真の表示サイズは180px × 180pxの正方形になりました。プロフィール写真は、ユーザーのニュースフィードに表示されるので、どこからの投稿なのかすぐにわかるものにしましょう。アップできる最小サイズは32px × 32pxです。

③写真とアプリ
これまで、左メニューから選択できていたページが、カバー写真のすぐ下に表示されるようになりました。デフォルトで表示されるのは、最大4つですが、一番左側は「写真」が固定で表示されるようになっているので、残り3つを表示できます。

アプリは最大12個まで登録可能で、デフォルトで表示できるアプリ以外は、「▽」をクリックすれば表示できます。

表示するアプリを変更するには、「▽」をクリックして全アプリを表示し、鉛筆のアイコンをクリックして「位置を入れ替える」を選択します(ただし3月1日現在は選択不可)。

ファーストビューで表示されるこれら3つのアプリがもっともアクセスされやすいアプリとなります。キャンペーンのアプリやショッピングカートなど、一番見て欲しいアプリを表示するようにするといいでしょう。

Facebookページの健康状態がまるわかり
なお「いいね!」では、そのページのインサイトのダイジェストのようなデータを見ることができます。以下は、Coca-Colaの「いいね!」をクリックしたところです。

[画像をブログで見る]

人気の週、都市、年齢層、自分の友達で「いいね!」しているユーザーなどを確認することができます。これを見て、どういう層に受けているのか、今も盛り上がっているのかなどが分かり、「いいね!」するかどうかの判断材料になるといえます。

Facebookページへの「いいね!」やコメントをするユーザーをお金で売買するという行為をする業者がいますが、これからはFacebookページ運営の健康状態が誰でも見えるようになったことで、これらの業者を利用している企業は一目瞭然になってしまうでしょう。

Facebookページの人気ランキングなどで、多くのユーザーを獲得している企業がどんなユーザーにリーチしているのかを「いいね!」をクリックして確認してみましょう。

トピックス

ランキング

  1. 1

    北朝鮮は米空母に手も足も出ない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  2. 2

    軍部で金正恩氏を嘲笑する風潮?

    高英起

  3. 3

    Amazonで大「中華詐欺」が勃発中

    永江一石

  4. 4

    今村氏後任の吉野氏は"超"真面目

    早川忠孝

  5. 5

    二階幹事長「解散総選挙は近い」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    日本が核保有チラつかせる選択も

    PRESIDENT Online

  7. 7

    偏差値と奨学金延滞率 相関する?

    LM-7

  8. 8

    参考人招致は実のある議論だった

    小林よしのり

  9. 9

    大阪人が東京人より親しめる理由

    PRESIDENT Online

  10. 10

    なぜ日本のニュースは媚びるのか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。