記事

アングル:新興国株、今年のピークから約124兆円吹き飛ぶ


[ロンドン 11日 ロイター] - 11日は世界的な株安となり、新興国の主要株価指数も、英国が国民投票で欧州連合(EU)離脱を選んだ2016年6月以来の下げ率に近くなった。

MSCI新興国市場指数<.MSCIEF>は1月の高値から25%超下落した。天井から20%超の下落は弱気相場と定義されるが、8月にこの節目を超え、さらに深く沈んでいる格好だ。

MSCI指数の時価総額で見ると、約1兆1000億ドル(約124兆円)、率にして18%が失われた。世界全体の株式時価総額の減少率に比べて倍以上だ。

背景には、米長期金利の上昇、ドル高、調達コストの上昇、国内の景気減速、米中貿易摩擦の激化、原油価格上昇といった悪材料が重なっている。

新興国市場コンサルタント会社、エクストラットのジョン・ポール・スミス氏は「世界株式の急激な調整は、多くの異なる要因が重なった結果であり、不可避だ。しかし最も重大なのは、中国の経済と金融市場が危うさを増していることだ」と語る。

ブラックロックの首席投資ストラテジスト、リチャード・ターニル氏によると、足元の新興国株の下落は比較的限られた銘柄が主導した。「MSCI新興国株指数のワースト10銘柄が、下落分の約40%を占めている」という。

下落率ワースト10銘柄のうち6社が中国企業で、電子商取引の京東商城(JDドットコム)<JD.O>、アリババ・グループ<BABA.N>、インターネット検索の百度(バイドゥ)<BIDU.O>、ネットゲームやソーシャルメディアの騰訊控股(テンセント)<0700.HK>とハイテク系が目立ち、銀行の中国建設銀行と中国工商銀行(ICBC)<601398.SS>がこれに加わる。

あとの4社は台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業(フォックスコン)<2317.TW>、韓国サムスン電子、南アフリカの複合企業ナスパーズ<NPNJn.J>、ロシアの銀行ズベルバンク<SBER.MM>だ。

トピックス

ランキング

  1. 1

    豊洲移転 築地の悪慣習断ち切れ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  2. 2

    立憲民主党は消費増税の対案出せ

    鈴木宗男

  3. 3

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

  4. 4

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  5. 5

    ついに4万円台 新型ルンバの戦略

    WEDGE Infinity

  6. 6

    有吉弘行 加山雄三イジり共演NG

    女性自身

  7. 7

    織田裕二が坂上忍に絶縁通告か

    女性自身

  8. 8

    豊洲市場から学ぶ安心情報の誇張

    山崎 毅(食の安全と安心)

  9. 9

    北海道愛す吉田類 町中で遭難も

    BLOGOS編集部

  10. 10

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。