記事

思春期の子供の見守り方

[画像をブログで見る]

思春期あるいは反抗期というのは、親から見ると、表面的にはやっかいな期間です。しかし子供の自我が成長し、一人前の大人になるプロセスとして欠かせない期間。程度の大きい小さいはあるでしょうけれど、「うちの子反抗期がまったくなかったのよ」というのは自慢にも何にもなりません。

ただし、小学生の内まではかわいかったわが子が、突然悪態をつき始めるのには、はじめ、多くの親が狼狽することでしょう。そんな反抗期あるあるに、親としてどう対応すればいいのか、ポイントを整理したいと思います。

例1 学校に行っている間に部屋を掃除しておいてあげたのに、「余計なことするなよ!」と怒られる。

そのくせ、どろんこになった部活のユニフォームや下着を当たり前のように洗濯かごに入れて、ちょっとでも洗うのが遅くなると「練習にもっていくユニフォームがないじゃないか!」と怒り出す。

失礼しちゃいますね、まったく。

でも、一歩引いて分析すると、思春期とは、親への独立心と依存心が共存する時期です。矛盾だらけの存在なんですね。その矛盾に、本人たちも葛藤しているんです。

あるときは親に依存しますし、あるときは親から離れようとします。親の立場からすれば、「さっきまで甘えていたくせに、急にその生意気な態度は何?」と矛盾を感じるのですが、本人はそのことに気付いていません。さっきまで甘えてくれていたからと、親の方からすり寄ったりすると、とたんに逃げるように距離を置こうとします。

だから、親は、「せっかくの好意を台無しにされた」なんて必要以上に傷つかないでください。ただし親のがっかりな気持ちは伝えてもいいでしょう。

「何なのよ、その態度は!」と同じ土俵に乗っかって感情的に子供を責めるのではなく、「そんな言い方をされるとお母さんだって悲しいな」などと、親が自分自身の気持ちに焦点を当てて伝えることがポイントです。

そうすれば、お子さんだって、口には出さなくても、「確かに悪かったかな」と思うはずです。

例2 ちょっと注意したら壁に穴が開いた

これは男の子のケースがほとんどだと思いますが、通過儀礼みたいなものですね。私もやりました。壁がコンクリートだったので、ふすまに穴を開けました(笑)。

注意されたことで、激しい怒りを感じたのでしょう。でもその怒りをぶつけるのは親ではないとわかっているので、物に当たったのです。拳に伝わる痛みを感じながら、怒りをコントロールできない自分を憂います。

でも壁を殴るというのは誰も傷つけたくないと思っている証拠です。イライラしていても直感的に他人を傷つけない行動を選択できているということは、ちゃんと成長している証拠です。

壁に穴をあけたことを責めるでも、注意したことを後悔するでもなく、「拳痛かっただろうな」くらいに思ってあげてください。

壁の穴を修繕する必要はありません。背比べをした柱の傷と同じで、子供の成長の足跡だと思って、そのままにしておけばいいと思います。

感情的な対応をされるとつい親も感情的になってしまうことはあるとは思いますが、そこで同じ土俵に乗ってしまっては大人としての手本が示せません。常に一歩引いた大人の対応を心がけたいものです。

※2018年10月11日にFMラジオJFN系列「OH! HAPPY MORONING」でお話しした内容の書き起こしです。

あわせて読みたい

「子育て」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    豊洲移転 築地の悪慣習断ち切れ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  2. 2

    立憲民主党は消費増税の対案出せ

    鈴木宗男

  3. 3

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

  4. 4

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  5. 5

    ついに4万円台 新型ルンバの戦略

    WEDGE Infinity

  6. 6

    有吉弘行 加山雄三イジり共演NG

    女性自身

  7. 7

    織田裕二が坂上忍に絶縁通告か

    女性自身

  8. 8

    豊洲市場から学ぶ安心情報の誇張

    山崎 毅(食の安全と安心)

  9. 9

    北海道愛す吉田類 町中で遭難も

    BLOGOS編集部

  10. 10

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。