記事

テックビューロ、フィスコ仮想通貨取引所への事業譲渡で合意


[東京 10日 ロイター] - 9月に仮想通貨取引所Zaifがハッキング被害を受けた問題で、運営会社のテックビューロは10日、フィスコ仮想通貨取引所との間でZaifの事業を譲渡する契約を正式に締結したと発表した。顧客への補償は、当初予定したフィスコからの50億円の金融支援ではなく、フィスコが調達済みの仮想通貨と日本円で行う。

今回のハッキング被害ではビットコイン、ビットコインキャッシュ、モナコインの3種類の仮想通貨が流出した。損失総額は約70億円で、顧客から預かっていた仮想通貨は約45億円。テックビューロは公表文で、ビットコインとビットコインキャッシュはフィスコが調達済みのもので補償するとした。一方、流動性が乏しいモナコインは日本円で返金する。ただ、補償の実施日時は明らかにしていない。

フィスコ仮想通貨取引所への事業譲渡は11月22日の予定。事業譲渡後、テックビューロは仮想通貨交換業の登録を廃止した上で解散する予定だという。

(和田崇彦)

あわせて読みたい

「Zaif」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バス旅番組巡る田舎叩きは的外れ

    川北英隆

  2. 2

    米政権 日本に中国排除を要求か

    文春オンライン

  3. 3

    武蔵小杉にみるタワマンの問題点

    ヒロ

  4. 4

    韓国の若者「日本の給料は安い」

    WEDGE Infinity

  5. 5

    おじさんが若者と会う時のルール

    内藤忍

  6. 6

    眞子さま 小室さんと出会い変化

    文春オンライン

  7. 7

    暴行慶應生 親族企業で役員の顔

    SmartFLASH

  8. 8

    橋下氏 原発めぐるバトルの裏側

    AbemaTIMES

  9. 9

    松本人志&さんま 発言の差が話題

    女性自身

  10. 10

    内田樹氏「杉田論文は身内向け」

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。