記事

自民党内に5~6名は、安倍後継候補がほしい。 - 10月9日のツイート

プラスチック製ストローの廃止が世界で拡大。海洋生物保護のためだが、20世紀の使い捨て文化の見直しにもつなげたい。ブログで「20世紀文明論」を連載しているが、江戸のリサイクル社会の知恵を復活させるべきである。21世紀は、大量生産・大量消費・大量廃棄という20世紀文明を克服せねばならない。

「20世紀文明論(34)」をブログにアップした。9月に北海道を襲った地震で、道内のほぼ全域が停電し、生活が麻痺した。電気の有り難さを痛感したものである。電気のない江戸時代の話がすべて現代に通用するわけではないが、江戸の知恵や生活様式に学ぶべきものが多々ある。https://ameblo.jp/shintomasuzoe/entry-12410644699.html…

ポスト安倍を念頭に、岸田、石破など次期自民党総裁候補が動き始めているが、政治の世界、一寸先は闇である。野党がまとまれば政権交代になるかもしれない。河野洋平、谷垣禎一のような例もある。また、安倍四選という選択肢も排除できない。自民党内に5~6名は、安倍後継候補がほしい。活力不足か。

<NHK世論調査>内閣支持率42%、不支持率40%、改造人事:評価33%不評価56%、麻生留任:評価17%、不評価42%。政党支持率:自民党36.3%、無党派41.5%。支持率のほうが不支持よりも多いが、改造内閣はあまり評価されていないし、無党派が多い。改憲よりも社会保障、経済などが重視されている。

明後日に豊洲市場が開場。不慣れなこともあり、業者も戸惑うだろうし、使い勝手が悪くて改善すべき点も出てくるだろう。しかし、業者は新しい職場で頑張るという決意を示しており、頼もしい限りだ。流通における中央卸売市場のシェアは減っている。官が管理する市場はいつまで続けられるのだろうか。

今日、IMFは、2018,19年の経済見通しを3.7%へと下方修正した。その原因は、米中経済摩擦だ。両国とも、自らも傷つくのに危険なチキン・ゲームを続けている。諫止できるのはEUと日本しかない。これから、安倍外交の真価が問われることになる。

※この記事は舛添要一氏のツイートを時系列順に並べたものです。

都知事失格
都知事失格
posted with amazlet at 17.10.12
舛添 要一
小学館
売り上げランキング: 50,463

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    豊洲移転 築地の悪慣習断ち切れ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  2. 2

    森友ゴミ問題 朝日一面は誤報か

    和田政宗

  3. 3

    ついに4万円台 新型ルンバの戦略

    WEDGE Infinity

  4. 4

    立憲民主党は消費増税の対案出せ

    鈴木宗男

  5. 5

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

  6. 6

    川上量生氏の知財意見書にあ然

    やまもといちろう

  7. 7

    志村けん「バカ殿もうできない」

    女性自身

  8. 8

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  9. 9

    遺品でW不倫発覚 消えた女子アナ

    NEWSポストセブン

  10. 10

    片山さつき氏 100万円で口利きか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。