記事

「萌え絵」と呼ばれるスタイルがジャポニズムを超える日

1/2

なにやら近年、「萌え絵」をポルノだと認識してるおかしな弁護士だの社会学者だの大学教授だのが跳梁跋扈している。司法試験に受かったり学者になるだけの知力がありながら、たかだかこの40〜50年程度のオタク文化について調べもしないという態度は褒められたものではない。とはいえまとまった書籍があるかというと、特に「萌え」に関してはちょっと思い当たらないので、夜中にツイートしたものを下地にちょっと書き残しておく。

クィアとしてのオタク

そもそもオタクというのはある種のクィアであった。クィアというのはセクシャルマイノリティに代表される、標準的な異性愛規範から外れた人たちのことである。「少年漫画を読む女と少女漫画を読む男」たち、それがオタクであった。彼らは中高生や大学生、あるいは社会人となっても、子供向けの漫画を読み、アニメを見続けていた。それも男性は女児向けの、女性は男児向けの作品に夢中になっていた。当時としてはそうとう異常な趣味だった。

オタクがオタクと呼ばれる端緒となる中森明夫「おたくの研究」ではその序文で、彼自身がおたくと名付けることにしたという人々のことをこう書いている。

コミケット(略してコミケ)って知ってる?いやぁ僕も昨年、二十三才にして初めて行ったんだけど、驚いたねー。これはまぁ、つまりマンガマニアのためのお祭りみたいなもんで、早い話しマンガ同人誌やファンジンの即売会なのね。それで何に驚いたっていうと、とにかく東京中から一万人以上もの少年少女が集まってくるんだけど、その彼らの異様さね。

なんて言うんだろうねぇ、ほら、どこのクラスにもいるでしょ、運動が全くだめで、休み時間なんかも教室の中に閉じ込もって、日陰でウジウジと将棋なんかに打ち興じてたりする奴らが。モロあれなんだよね。髪型は七三の長髪でボサボサか、キョーフの刈り上げ坊っちゃん刈り。

イトーヨーカドーや西友でママに買ってきて貰った980円1980円均一のシャツやスラックスを小粋に着こなし、数年前はやったRのマークのリーガルのニセ物スニーカーはいて、ショルダーバッグをパンパンにふくらませてヨタヨタやってくるんだよ、これが。それで栄養のいき届いてないようなガリガリか、銀ブチメガネのつるを額に喰い込ませて笑う白ブタかてな感じで、女なんかはオカッパでたいがいは太ってて、丸太ん棒みたいな太い足を白いハイソックスで包んでたりするんだよね。

普段はクラスの片隅でさぁ、目立たなく暗い目をして、友達の一人もいない、そんな奴らが、どこからわいてきたんだろうって首をひねるぐらいにゾロゾロゾロゾロ一万人!それも普段メチャ暗いぶんだけ、ここぞとばかりに大ハシャギ。アニメキャラの衣装をマネてみる奴、ご存知吾妻まんがのブキミスタイルの奴、ただニタニタと少女にロリコンファンジンを売りつけようとシツコク喰い下がる奴、わけもなく走り廻る奴、もー頭が破裂しそうだったよ。それがだいたいが十代の中高生を中心とする少年少女たちなんだよね。

『おたく』の研究 第1回 | 漫画ブリッコの世界

1983年というこの時期に書かれたこの文書により、当時の「オタク」と呼ばれることになる人々がイメージできるだろう。バブル前夜の高度経済成長期、スーパーマーケットで売られてる服は軒並みダサいと言われ、それなりの値段のする服をそれなりの場所で買い揃え、それなりに着こなしていることは当時の若者の間では実に常識的なことだったようだ。それに反していた彼らはその時点でだいぶ異性愛規範から外れていたのである。そして中森明夫が参加したというコミケ、当時は出展者の8割程度は女性だったはずである。コミケというのは女性オタクたちの祭典であり、オタクというのは主に女性の趣味でもあったのだ。

「萌え」の発見

70〜80年代、こうしたクィアな趣味の中で育まれたオタクたちが「萌え」という感覚を見出すのが90年代である。

これは「燃える」の誤変換から生まれたという説もある。要するに夢中になってしまう何かを見てしまったときの感情表現なのである。

誰もが経験したことはあるのではないか。猫の異様にかわいい仕草をみてしまったとき、犬のつぶらな瞳に見つめられたとき、子供の無邪気な姿を目の当たりにしたとき、壁に頭を打ち付けたくなるような激しい情動を覚えたことはあるのではないか。

そう、それが「萌え」である。

この言葉は男性オタクたちによって生み出されたようだが、すぐに女性オタクたちにも波及していく。今では「萌え」という言い方はだいぶ下火になり、「尊い」「まって」「無理」などの言い方がされることが多いように見受けられる。激しい情動に駆られて身も心もついていけない感覚が伝わってくる。まさに「ほとばしる熱いパトス」なのである。

さてこうした広範囲な「萌え」の感覚だが、オタク文脈にしたがってもう少し狭義の萌えを探っていこう。

女児向けのアニメや漫画を読むときに男性オタクたちが感じる「萌え」とはなにか。たとえば魔法少女アニメにおける変身シーンなどは「萌え」の対象だ。


セーラームーン変身

しかしこれは変身に伴う脱衣としてのエロスへの情動とも言える。


カードキャプターさくら「はにゃーん」まとめ

こちらのカードキャプターさくらはNHKアニメということもあり、セクシャルなシーンはない。だがセーラームーンに負けず劣らず、あるいはそれ以上に90年代の男性オタクたちを「萌え」させた作品だ。

先述した犬や猫、小さな子供への情動としての「萌え」と合わせて考えれば、これが「少女的無垢性への憧憬」であることはきっとわかるであろう。

80年代から90年代、こうした少女的無垢性への憧憬としての萌えを感じ取っていた男性オタクたちは、多くが「ロリコン」を自称していた。これは「少女趣味」と言えば分かる人にはわかるであろう。少女的なかわいらしいもの、人形などへの愛着、少女雑誌や少女漫画のヒロインたちに対する憧憬。そうしたものを持つ男たちが、当時の感覚では「自分はロリコンである」と認識せざるを得なかったという、ある種の悲しい事情がそこにはある。

実際の所80年代のロリコンブームにおいて多くの児童ポルノが作られたのだが、その代表的なものはレズビアン活動家にして写真家の清岡純子の手によるものだった。当時の雑誌や書籍はもはや国会図書館においてすら閲覧禁止になっているが、清岡純子は本人やその家族との交流の中でずいぶんと平和的に少女たちのヌード写真を撮影していた、というのを当時の雑誌に寄稿していたようだ。

そういうかわいらしい少女写真だと思って欧米の児童ポルノを見てみると、あまりの違いに衝撃を受ける。欧米のそれは本物の性的虐待の写真であり、犯行現場の写真だからだ。苛烈なまでにその所持の禁止を叫ばれた理由もよくわかる。90年代のインターネットではそうした写真もちょっと探すとすぐ見つかったのである。

そういうものではない、「男の持つ少女趣味」としてのロリコン文化というのが80年代から90年代にかけて存在していたということは指摘しておくべきであろう。だがそれを「ロリコン」と自称していたことに現れているが、まだこの当時は「萌え」と「エロ」の区別が本人たちもついていなかった。

これは違うものだという認識が当事者たちの間で広まったのは、90年代に巻きおこったエロゲブームである。その端緒となる1992年の「同級生」には興味深いエピソードがある。

元々アダルトゲームには『TOKYOナンパストリート』(エニックス:1985年4月)を祖とする「ナンパ」というジャンルが存在しており、町で見かけた女の子を口説いてホテルに連れ込むと、ご褒美画像であるエッチシーンが見られる…というゲームの流れが確立していた。1989年発売のエルフの初期作品『ぴんきぃぽんきぃ』は、その流れを受けたナンパアドベンチャーゲームであるが、蛭田昌人は『同級生原画集』(辰巳出版)の対談記事の中で、「『同級生』の大元は『ぴんきぃぽんきぃ』」、「最初は40日の期間内に50人の女の子を次々とナンパしまくるストーリー性の低いゲームだった」と語っている。

つまり、『同級生』も元々は「ナンパゲーム」(その証として、インストール時に作成されるフォルダ名が、「NANPA」)として開発されていたが、蛭田が竹井の絵を見るうちにヒロインをただナンパしてセックスさせるだけでは勿体無いと思い、ヒロインの数を減らして個々にストーリー性のあるシナリオを付加させた結果、「恋愛ゲーム」になってしまったのである。これは蛭田自身も意図しておらず、ゲーム雑誌のインタビューの中で「購入者から『同級生はナンパゲームじゃなくて恋愛ゲームなんだ』と言われて初めて気が付いた」と語るに至った。

同級生 (ゲーム) - Wikipedia)

イラストレーター竹井正樹の手による美麗なイラストの魅力が、ポルノゲームを恋愛ゲームに変化させたのである。


竹井正樹は「同級生」の仕事の前に、OVA「ロードス島戦記」に参加してたことが知られている。そのキャラクターデザインと総作画監督をつとめていた結城信輝がこんなツイートを残している。

いのまたむつみのレダというのはこれである。


また出渕裕によるロードス島戦記の原作イラストもまた、ミュシャに強く影響されたものだった。


いのまたむつみ、出渕裕、結城信輝を経ておそらくはこうしたアールヌーヴォーのスタイルの影響を竹井正樹らにも与えたであろう。同様にミュシャの影響が色濃く見えるCLAMPの漫画作品らの大ブームもあって、「萌え絵」はアールヌーヴォーの影響を強く受けて成立してることは想像に難くない。


あわせて読みたい

「オタク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    3億円事件告白 出版社の仕込みか

    tokyo editor

  5. 5

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  6. 6

    文大統領の苦しい国家運営と外交

    ヒロ

  7. 7

    「汚い顔は失礼」神田うのが炎上

    女性自身

  8. 8

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  9. 9

    50人以上応募 音喜多新党に期待

    早川忠孝

  10. 10

    マツコが悟った松田聖子のすごさ

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。