記事

ベッキーTwitter再開の理由、交際順調で周囲気にしないように


10月8日、ベッキー(34)がTwitterを再開。ゲスの極み乙女。・川谷絵音(29)との“ゲス不倫”騒動以来、実に2年10カ月ぶりの更新となった。

ベッキーはプロフィール画像を一新し、「さてと。またはじめてみようかな。おひさしぶりです」と投稿。Twitterでは《ベッキーおかえり 待ってたよお》《またベッキー節を楽しみにしてる》などといった喜びの声とともに、《ベッキーさんの活動が、増えてきてホント嬉しいし、私もベッキーパワーもらえます》とのエールが。現在200万人近いフォロワー数を誇るベッキー。今回は自身の出演する「特定せよ!」(フジテレビ系)が同日に全国生放送という、まさにベスト・タイミングでの再開となった。

実はベッキーには、ひそかに決心していることがあるという。

「ベッキーさんは以前の優等生キャラを払拭したいと考えていて、『発言を飾ることはしない!』と決めているといいます。日々の何気ないことをツイートすることによって、自然体な姿を見てほしいと考えているようです」(テレビ局関係者)

ゲス不倫騒動以降、肩の力の抜けた印象のあるベッキー。メイクやスタイリングも落ち着いたように見える。その変化にはやはり、現在の恋人である巨人2軍・片岡治大(35)コーチとの交際も関係しているようだ。

「片岡コーチとの交際は順調そのもの。互いの親も公認の仲です。そういった安心感からベッキーさんの心に余裕が生まれ、『失敗をしても大丈夫!』と周囲の目にとらわれすぎないようになったそうです」(芸能関係者)

ベッキーはゆっくりしっかり、歩みを重ねている――。

あわせて読みたい

「ベッキー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

  2. 2

    立憲民主党は消費増税の対案出せ

    鈴木宗男

  3. 3

    織田裕二が坂上忍に絶縁通告か

    女性自身

  4. 4

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  5. 5

    色あせる中国 金融の舞台で矢面

    ロイター

  6. 6

    TBS宇垣アナがキレた同期の一言

    文春オンライン

  7. 7

    消費増税を批判しない野党に疑問

    やまもといちろう

  8. 8

    元民主議員 仙谷氏の訃報に驚き

    大串博志

  9. 9

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

  10. 10

    政治的発言許されぬ日本の芸能界

    篠田博之

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。