記事

ZOZO前澤社長の「月旅行」1000億円乗船料も広告費なら格安

1/2

 ファッション通販サイト「ZOZO TOWN」を運営するZOZOの前澤友作社長が、10月9日、都内で会見を開いた。内容は、アメリカのスペースX社でイーロン・マスク氏と発表した、月世界旅行「dearMoon」プロジェクトに関するものだ。

 前澤氏は冒頭、大企業を経営しながら、どうやって月へのプロジェクトと両立させるのか聞かれ、「私たちは6時間労働制を取り入れている。私自身も会社に朝から晩までいるというワークスタイルは取っていない。会社には週3~4日ぐらい。しかも、たいてい6時間で帰っている」と発言。

 仕事以外の空いた時間を使って、趣味のアートや宇宙プロジェクトの勉強を進めていると説明した。

 前澤氏は、月へ連れて行くメンバーを画家、映画監督、ファッションデザイナー、ミュージシャンなどから選ぶと発表しているが、選考基準についてはこう話す。

「僕の夢が世界平和ですので、『世界をなんらかの形で自分のクリエーション(作品)でよくしたい』という想いの強い方を探したい。あと、自分がその方の作品が好きというのも大事」
 

 続けて、「なるべくワールドワイドにいろんな地域のアーティストをお連れしたい。アーティストの皆さんなので、突拍子もないことを言う方もきっといるでしょう。そういうのを『どうか喧嘩しないでね』となだめすかすのも僕の役割。仲良く楽しい旅にしたい」と決意表明した。ただ、現状ではまだ誰にも声をかけていないという。

 さらに交際中の女優・剛力彩芽を月へ連れて行く可能性があるのか聞かれ、「本人(剛力)は当然このプロジェクトを知っていますし、大変興味を持っている。ぶっちゃけ『私も行きたいな』と言っています」と応じる。

 とはいえ、今回のプロジェクトはアーティストを月に連れて行くのが目的。「ただ楽しんで行く旅行とはやっぱり違う」とし、剛力になんらかの役割やミッションがあり、かつそれをすべての船員たちが受け入れてくれれば、連れていけると思っているようだ。

「極めて真面目に私たちはやりたいなと思っている」と語った前澤氏だが、プロジェクトについては4~5年前から考えていたという。実際、最近もその兆候があったと経済ジャーナリストの松崎隆司氏が語る。 

「前澤社長は、所有していた自社株を大量に売却していたのです。600万株を売却した5月は、株価は4000円弱だったので、200億円以上を手にしたと思われます」

 外資系証券会社の幹部が、こう補足する。

「今回の発表の背景には、ZOZOの前澤氏と、スペースXのマスク氏の両者の利害の一致がある。まず、マスク氏にはCEOを務める電気自動車メーカー・テスラ社の経営危機がある。

 また、スペースXは一昨年の爆発事故もあり、可能なら新しい資金が欲しい。そこに“お客”となる前澤氏は渡りに船だった。一方のZOZOにすれば、800億円とも1000億円ともいわれる乗船料が、海外を含めた広告費と割り切れば安い」

 なぜ、多額の広告費を容認できるのか。全国紙経済部記者が解説する。

あわせて読みたい

「前澤友作」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    3億円事件告白 出版社の仕込みか

    tokyo editor

  5. 5

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  6. 6

    文大統領の苦しい国家運営と外交

    ヒロ

  7. 7

    「汚い顔は失礼」神田うのが炎上

    女性自身

  8. 8

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  9. 9

    50人以上応募 音喜多新党に期待

    早川忠孝

  10. 10

    マツコが悟った松田聖子のすごさ

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。