記事

米国債売却という「誘惑」・・・米中貿易摩擦激化

米国債の売却は、米中貿易摩擦の激化に伴い、可能性としては十分考えられるシナリオです。同じことは、日米関係においても言えます。

現に、下掲の記事中にもふれられている通り、1997年、橋本首相が米国での講演で「米国債を売りたい誘惑にかられたことが何度かある」と発言し、「口先介入」したことがあります。

これは事前に打ち合わせた通りの意図的な発言で、当時の米国の過大な要求に日本側の「いらだち」を示したものでした。「米国の借金は日本のお金で支えているんですよ。そのことがわかっているんですか」と。その時の米財務省の「動揺」「激怒」は、予想通り、すさまじいものでした。

ただし、これは、中国、日本にとっても「返り血」を浴びる「両刃の剣」でもあります。少し考えただけでも「ドル売り、元(円)買い」となり、元(円)が高くなり、輸出産業を直撃することになりますからね。

でも、「通貨高」「通貨安」がその国にとってプラスかマイナスかは両様あり、結局は政府当局の「総合的判断」ということになります。

(産経新聞10月8日配信)
中国の米国債保有残高半年ぶり低水準貿易戦争で対抗して売却か http://www.sankei.com/premium/news/181008/prm1810080002-n1.html

あわせて読みたい

「米中関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    3億円事件告白 出版社の仕込みか

    tokyo editor

  5. 5

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  6. 6

    文大統領の苦しい国家運営と外交

    ヒロ

  7. 7

    「汚い顔は失礼」神田うのが炎上

    女性自身

  8. 8

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  9. 9

    50人以上応募 音喜多新党に期待

    早川忠孝

  10. 10

    マツコが悟った松田聖子のすごさ

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。