記事

米アップル従業員は大半が反トランプ、個人献金の調査で判明

Oliver Smith , Forbes Staff

アップルのCEO、ティム・クックとスタッフら(Photo by Justin Sullivan/Getty Images)

2016年に行われた米大統領選で、候補者だった民主党のヒラリー・クリントンと共和党のドナルド・トランプが集めた献金は、総額およそ10億ドル(約1138億円)に上った。

このうち、アップルの従業員らが個人的に行ったクリントンへの献金は、合計180万ドル以上だった。同社のティム・クック最高経営責任者(CEO)はクリントンのために組織された「Hillary Victory Fund(ヒラリー勝利基金)」に23万6100ドルを寄付していた。

一方、トランプ陣営がシリコンバレーで集めた資金は、これをはるかに下回った。アップルの従業員による寄付は合わせて6786ドル。トランプの選挙活動資金は総額3億4400万ドルだったことから、「丸め誤差」に入る金額だった。

献金に関するこれらの情報は、選挙活動に関する調査や関連データの収集・分析を行うGovPredict(ガブプレディクト)が10月3日に公表したもの。同社はシリコンバレーのアクセラレータ、Yコンビネータが出資するスタートアップだ。

シリコンバレー vs. トランプ

GovPredictは選挙活動に関連して提出された書類などに基づき、企業の従業員が個人で行った政治献金について調査。9月にはアマゾンとアルファベットの従業員が2004年以降に行った政治献金に関する結果を発表した。それによると、両社は従業員の90%以上が、民主党の候補とその活動などに寄付を行っていた。

このほど公表された調査結果によれば、アップルの従業員もこれら2社と同様、大半が左寄りだ。寄付の91%が、民主党に対して行われていた。2004年以降、民主党の候補者とその掲げる目標の実現のために寄付された金額は、総額567万9870ドルに上っている。一方、共和党への寄付額は、58万7354ドルだった。

こうした調査結果は、互いへの批判を強めるトランプ大統領とシリコンバレーの関係を改善に向かわせるものではないだろう。大統領はこのところ、検索結果として表示される内容が政治的に偏っているとして、グーグルを攻撃している。自らに対して好意的な情報を表示しないようにしているというのだ。また、フェイスブックについては、「共和党と民主党の主張に対して差別的だ」と主張している。

GovPredictのイミル・ピットキンCEOはフォーブスに対し、一連の調査結果は個別の企業の政治的立場ではなく、地域・地理的な政治的傾向を反映したものだと説明している。

「カリフォルニア州以外に居住している(アップルの)従業員に限定した調査結果では、個人が行った政治献金のうち、民主党向けは76%だった。カリフォルニア州の住民による献金は、90%以上が民主党に対して行われていることから、これらの間には大幅な差があることが分かる」

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    豊洲移転 築地の悪慣習断ち切れ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  2. 2

    立憲民主党は消費増税の対案出せ

    鈴木宗男

  3. 3

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

  4. 4

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  5. 5

    ついに4万円台 新型ルンバの戦略

    WEDGE Infinity

  6. 6

    有吉弘行 加山雄三イジり共演NG

    女性自身

  7. 7

    織田裕二が坂上忍に絶縁通告か

    女性自身

  8. 8

    豊洲市場から学ぶ安心情報の誇張

    山崎 毅(食の安全と安心)

  9. 9

    北海道愛す吉田類 町中で遭難も

    BLOGOS編集部

  10. 10

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。