記事

「キスミント」販売終了の背景に“若者のガム離れ”?街からは「ゴミ箱減ってきた」「錠剤型にシフト」の声



 江崎グリコは4日、1987年発売のロングセラー商品「キスミント」の生産が終了し、在庫が無くなり次第販売を中止することを明らかにした。ガム市場は年々縮小傾向にあり、日本チューインガム協会によると「チューインガム小売販売額」は2004年の1881億円から2017年は1005億円に減少している。



 ガム市場が縮小している要因として、“若者のガム離れ”を指摘する声もある。AbemaTV『けやきヒルズ』では、若者のガム離れが本当に進んでいるのか渋谷で調査を行った。

 20代の女性からあがったのは、「クチャクチャいっているのがうるさいとか、そういうのを気にする風潮が出てきたからかな」という周囲に配慮する声。また、20代の男性は「ゴミ箱が減ってきてて、なかなか捨てられない」と指摘。同じく20代の男性は「ガムをかんでいる時間が長いので、タブレット型の錠剤などにシフトしてしまった。ずっとかむのが面倒で」と異なるタイプの商品が登場したことを理由にあげた。



 「森永チョコフレーク」の生産終了に続き、お菓子の“名作”が姿を消す。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

「チョコフレーク」生産終了へ、理由は“スマホを触れない”?

あわせて読みたい

「ガム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    豊洲移転 築地の悪慣習断ち切れ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  2. 2

    立憲民主党は消費増税の対案出せ

    鈴木宗男

  3. 3

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

  4. 4

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  5. 5

    ついに4万円台 新型ルンバの戦略

    WEDGE Infinity

  6. 6

    有吉弘行 加山雄三イジり共演NG

    女性自身

  7. 7

    織田裕二が坂上忍に絶縁通告か

    女性自身

  8. 8

    豊洲市場から学ぶ安心情報の誇張

    山崎 毅(食の安全と安心)

  9. 9

    北海道愛す吉田類 町中で遭難も

    BLOGOS編集部

  10. 10

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。