記事

「ひとりごはん」がタブーの韓国で「孤独のグルメ」が大人気の理由 ~「韓国のグルメ番組はタレントがおんなじ表情で『おいしいー』って言うだけ」~ - 菅野 朋子

「あれっ、また、井之頭五郎?」

【画像】「ソウルドラマアワーズ」の授賞式でスピーチする俳優の松重豊さん

そう思ってチャンネルを変えても、ほどなくまた「井之頭五郎」がひょっこり。

作中で井之頭五郎を演じる松重豊さん ©文藝春秋

9月の韓国の旧盆の連休中、なんとケーブルテレビ3社が『孤独のグルメ』(テレビ東京系)をシリーズ別に放映していた。

日本でも人気の『孤独のグルメ』。個人で輸入雑貨商を営む主人公、井之頭五郎が、仕事に行った先々の街で自分の勘を頼りに店に入り、ひたすら食事を楽しむドラマだ。そんな『孤独のグルメ』が、作画の谷口ジローさんが亡くなったときも韓国の新聞に追悼記事が掲載されるほど、韓国で人気を博している。

「放送したはじめの頃は日本通のマニア層に人気がありましが、今年、シーズン7で韓国編が放映された後、人気の裾野が広がりました」(ケーブルテレビ・チャンネルJ、キム・ミンジョン本部長)。チャンネルJは2006年に開局した日本番組専門のケーブルテレビの老舗。韓国で『孤独のグルメ』を最初に放映したのもここで、日本の放映(2012年1月)からまもなくのことだった。

放送を見た韓国人の知り合い(30代、会社員)が、「面白いドラマを発見しましたよ。今度、日本に行ったら、五郎さんが行った店に行こうと思っているんです」と教えてくれた。まだ、『孤独のグルメ』が今のような人気も認知度もなかった頃で、まるで時代を先取りしているような口ぶりだった。

「ひとりでごはん食べるの? 韓国ではやめたほうがいいよ」

韓国での『孤独のグルメ』人気は、ここ数年で現れた「ひとりごはん(ホンパブ)」の流れからきているのだろう、などと勝手に思っていた。「ひとりごはん(ホンパブ)」とわざわざネーミングするほど、かつての韓国ではひとりで食事をすることはどこかタブーに近かった。

2000年代初め、友人から、「ひとりでごはん食べるの? 韓国ではやめたほうがいいよ。ひとりでごはんを食べている人は友だちがいないとか、なんか“事情”がある人だと思われて不気味がられるから」と忠告されたこともある。

食事はワイワイと大勢で、が韓国のマナー。しかし、時代は流れ、さらに忙しさを増した現代社会、他人と時間を合わせることはなかなか難しい。韓国でも若い世代の一人暮らしが格段に増えた。

そんな背景もあってか、コンビニに置かれる弁当の棚はあれよあれよと増え、韓国のファストフード「キムパプ(韓国風海苔巻き)屋」もおしゃれな店構えに姿をかえて、そこでひとりでささっと食事を済ませる人の姿も普通になった。

「韓国のグルメ番組はタレントが『おいしいー』って言うだけ」

そんな時代の移り変わりもあって『孤独のグルメ』に火がついたのかと思っていたのだが。

「ひとりごはんが認知されてきたというよりは、複雑な現代社会のなかで、ゆったりと鑑賞できるドラマというところが特に若い世代の視聴者から人気があるようです。また、このドラマの魅力はなんといっても食事をしながらのコメントで、本当に面白くて秀逸。それに、五郎さんの食事をするときに使う顎の筋肉の動きも絶妙で、そんなところにもファンがついています」(前出・キム本部長)

今年8月から遡ってシーズン1を放映し始めたのは、女性専門娯楽ケーブルテレビの「TRENDY」で、同社の担当者も、「『孤独のグルメ』が放映された頃から韓国でもちょうどグルメに関心が持たれるようになって、日本のドラマ『深夜食堂』も人気がありました。『孤独のグルメ』の面白さは五郎さんがつぶやく独り言。これが韓国人にとってはとても新鮮でした。表現も豊かで独特で面白い。だから、何度みても面白いんです。シーズン1を放送したいと思ったのもそんなところからです」と言う。 

実際にドラマのファンにも訊いてみると、「ただ、ごはんを食べているだけなのに、見ていると引き込まれる。ネットとかのグルメ情報に頼らずに、自分の“勘”で店に入って、それはうまそうに食べるでしょ。韓国のグルメ番組はタレントがでてきて、おんなじ表情で、『おいしいー』って言うだけ。うんざりします。それが井之頭五郎のコメントは、そんな風に食べ物を表現をするのかと思わず唸ってしまうようなものが次から次へと飛び出す。ごはんを食べながらこんな楽しみ方もあったのかとファンになりました」(会社員40代、男性)というコメントが。

「完全に癒やし。ごはんを食べる、そんなささやかなことを楽しんでいる五郎さんを見ていると癒やされます」(会社員30代、女性)という人もいた。

「韓国編」放送で人気がさらに上昇

『孤独のグルメ』の人気をさらに押し上げたのは、今年、放映された韓国編だ。

韓国の伝統工芸品のリサーチのために主人公の井之頭五郎が韓国を訪ねるという設定で、韓国の”台所”といわれる全州でビビンパプやチョングクチャン(納豆汁のような汁物)、ソウル市内では味付きの豚カルビを堪能した。

この様子は韓国で大きくとりあげられ、井之頭五郎を演じる俳優、松重豊さんの「空腹で撮影にのぞむ」と語ったインタビューも新聞に掲載されてドラマをぐっと身近に感じたようだ。

ただ、違和感を覚えた人も。『孤独のグルメ』に登場するのは、どの店も味はいいが、ありのままの店構えを保ち、きらびやかでないが地元の知る人ぞ知る“名店”だ。大衆文化評論家のイム・ボム氏は、そんなコンセプトが分かっていても、実際に韓国の店が登場すると「ソウルや全州の裏通りがみすぼらしく見えて(もっときれいな通りを撮影すればよかったのに)」(ハンギョレ新聞7月2日)と戸惑ったと言い、次のように続けた。

「撮影するとき、ソウルの食堂のおばさんがきれいに着飾ってでてきたので、いつものようにやってくださいとお願いしたそうだ。そうか、と思った。にぎやかでない、裏通りの一角に昔の雰囲気のまま残っている店をそのまま撮影すると、それがチョングクチャンの店でも、豚カルビの店でもこういう風に映るんだなあと。日本の裏通りや店は異国的だから、みすぼらしさや野暮ったさをそれほど感じなかったのだ」(同)

韓国ドラマの祭典で「招待作品賞」を受賞

9月3日に行われた第13回ソウルドラマアワーズでも、『孤独のグルメ』は韓国でもっとも人気のあった海外ドラマに贈られる招待作品賞を受賞した。

ソウルドラマアワーズは、世界各国のドラマの中から優れた作品を選考する韓国のドラマの祭典で、韓流ブームの流れを持続させようと韓国放送協会が主催して2006年から始まったもの。アジアスター賞は、韓国でデビューし、今や日本でも人気の大谷亮平さんが受賞した。

人気の背景には韓国社会全体の変化が

韓国のドラマといえば、ともかく現実には起こりえないストーリー展開が人気だったが、それも最近はなりをひそめつつある。

何事も大きいほうがいいと、お土産なども質よりは大きいものが好まれたりしていたのが、最近は若い世代を中心に、「小さく生きる」と高望みせず自分の人生を楽しむことを大事にしようという生き方に共感が集まったりしている。

淡々と流れる、ドキュメンタリーのような『孤独のグルメ』が、韓国でこれほど人気になるなんて、昔は思いもしなかった。

(菅野 朋子)

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    3億円事件告白 出版社の仕込みか

    tokyo editor

  5. 5

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  6. 6

    文大統領の苦しい国家運営と外交

    ヒロ

  7. 7

    「汚い顔は失礼」神田うのが炎上

    女性自身

  8. 8

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  9. 9

    50人以上応募 音喜多新党に期待

    早川忠孝

  10. 10

    マツコが悟った松田聖子のすごさ

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。