記事

パートナーズや議員が1500人集まり結党後初の党大会、立憲フェス2018を開催

1/2

立憲民主党は30日、都内で結党後初めての党大会である立憲フェス2018を開催。パートナーズの他、党所属の国会議員、地方自治体議員、党の地域組織である都道府県連合選出の代議員ら約1,500人が集まり、党のこれまでの歩みが分かる展示やトークイベント、政策の取りまとめで意見や協力をいただいている団体などの活動紹介などを通じて交流を深めるとともに、党の活動方針(下記PDF参照)と方向性を共有しました。

また、フェスの様子はネット中継が行われ、パソコンやスマートフォンでの視聴のほか、一部の都道府県連合事務所や議員事務所などでパブリックビューイングが行われ、開催場所以外の地域でも視聴しながら参加者が交流を深めました。

オープニング・トークイベント「立憲民主党 次の1年に向けて」

堀越啓仁衆院議員と石川香織衆院議員が総合司会を務めた今回のフェスは福山哲郎幹事長による開会宣言の後、蓮舫副代表の進行で、枝野幸男代表、長妻昭代表代行、辻元清美国会対策委員長の3人が「立憲民主党 次の1年に向けて」と題してトークを繰り広げました。




参加団体活動紹介

党の政策取りまとめの際、意見や協力をいただいている団体などを「子ども・女性」「エネルギー・環境」「暮らしの安全」「共生社会」「国のかたち」という5分野に整理し、それぞれの現場で活躍する皆さんの活動を紹介するエリアを設けました。


立憲ミニトーク・対話型ワークショップ・お笑いLIVE

立憲ミニトークでは、3つのテーマで党所属の国会議員や地方議員なとが党の活動やこれからについて語りました。またミニトークはグラフィックファシリテーションも行われました。

「原発ゼロへむけて」と題したテーマでは、芸人で記者でもあるおしどりマコ・ケンさんの司会で、党エネルギー調査会長の逢坂誠二衆院議員、同調査会事務局の山崎誠衆院議員、飛び入り参加の最高顧問の菅直人衆院議員らが原発からの脱却、再生可能エネルギーの活用など含め今後のエネルギーのあり方について語りました。

「私らしくあなたらしく生きるために」と題したテーマでは、政治アイドルの町田彩夏さんの司会で、党憲法調査会長の山花郁夫衆院議員、党「SOGIに関するPT」座長の西村智奈美衆院議員、党ジェンダー平等推進本部事務局長の大河原雅子衆院議員らがジェンダーギャップの現状とこれから、ジェンダーの視点から自分らしく行きられる社会について語りました。

「地方政治のこれから」と題したテーマでは、市民のためのシンクタンクであるReDEMOS研究員の諏訪原健さんの司会で、党地方自治体議員ネットワーク副代表の山本正乃埼玉県議会議員、津曲俊明船橋市議会議員らが地方自治体議員の役割や活動を紹介し地方政治のこれからについて語りました。

「ワクワクする未来を話しあおう」と題した対話型ワークショップでは、円形に椅子を配置し参加者同士が交流しました。

お笑いLIVEには、おしどりマコ・ケンさんとザ・ニュースペーパーさんの2組が登場しました。





立憲法案展示・カメラミュージアム・フォトブース・パートナーズ広場

第195、196国会で提出した法案の中から9法案について提出目的や自分たちに何ができるかなどをまとめた立憲法案展示、ツイッターで「 #立憲カメラ 」のハッシュタグをつけた写真など党のこれまでを画像で振り返るカメラミュージアム、特設した2つの背景でプロカメラマンによるフェス参加の記念撮影が行えるフォトブースや記者会見で実際に使用している背景と演台を設置したエリア、パートナー同士が交流できるエリアなどを設けました。





あわせて読みたい

「立憲民主党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    消費増税を批判しない野党に疑問

    やまもといちろう

  2. 2

    織田裕二が坂上忍に絶縁通告か

    女性自身

  3. 3

    TBS宇垣アナがキレた同期の一言

    文春オンライン

  4. 4

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

  5. 5

    よしのり氏 左翼の人権論に苦言

    小林よしのり

  6. 6

    色あせる中国 金融の舞台で矢面

    ロイター

  7. 7

    政治的発言許されぬ日本の芸能界

    篠田博之

  8. 8

    3億円事件告白小説 専門家が分析

    NEWSポストセブン

  9. 9

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  10. 10

    枝野代表「増税理解できない」

    立憲民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。