記事

実力本位の人選だが、諸刃の剣にも?片山地方創生相、山下法務相ら、注目の新閣僚を読み解く

1/2

 きのう発足した第4次安倍改造内閣。副総理を兼任する麻生財務大臣や菅官房長官などの"重鎮"を留任させて政権の骨組みはそのままに、安倍内閣としては最も多い19閣僚中12人が入れ替えられ、しかも根本厚労相を除く11人が初入閣組という布陣となった。

 今回の人事について、2日放送のAbemaTV『AbemaPrime』ではテレビ朝日政治部の細川隆三デスクとともに読み解いた。


 まず、細川氏は全体を俯瞰して「内閣の3分の2を入れ替え、しかもそのほとんどが初入閣。ずいぶん思い切ったことをしたと思う。ただ、"全員野球"というのも、目玉がないということだ。7回目の改造人事なので、さすがに弾がなくなってきたこともあると思う。すでに野党はターゲットにする人に狙いをつけている感じもあるし、両刃の剣とも言える。片山さつきさん以外は名前に馴染みのある人もいないと思うし、当選回数が既に閣僚をやっていてもおかしくない7回、8回という方もいらっしゃる。

フレッシュな感じがあまりしないので、口の悪い人は『在庫一掃内閣』と言っている。確かに働きぶりはまだよく分からないが、僕はそういうことは言いたくない。内閣の評価は仕事をしてなんぼだから、むしろエールを送りたい」と話し、「来年7月には参議院議員選挙があるが、消費税引き上げもあり、安倍政権にとっては厳しい選挙になると言われている。また、安倍総理が総裁選で社会保障改革をやるんだと言っていたように、その成果を打ち出したい。今回、茂木敏充さんをその担当にし、何とか進めていこうというのは感じる」との見方を示した。


 次に、今回注目を集めている片山さつき地方創生担当大臣について、元経産官僚でコンサルタントの宇佐美典也氏は「キャラクターの話ばかりが先行しているが、財務省時代には各省庁の予算査定をする立場にいたので、ネットワークも持っている。政治家になってからも経産省と総務省の政務官をやってきたので、規制改革について物申す立場である地方創生大臣なら、その経験も活かせる。ただ、頭が切れすぎて、その頭脳に付いて来られない方はちょっと(笑)。

その点、"人望"が…というところはあるが、元官僚としては頑張ってほしい。災害復興も仕事の一つで重要なポストだし、地方創生関連の予算が中小企業支援の方向に向かう中、活きのいい企業を見つけてきて伸ばす、というところをやってほしい。片山さんにとっても、ここで成果を出さなければ今後の活躍の場が広がらないので、正念場だと思う」とコメント。


あわせて読みたい

「内閣改造」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    豊洲移転 築地の悪慣習断ち切れ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  2. 2

    森友ゴミ問題 朝日一面は誤報か

    和田政宗

  3. 3

    ついに4万円台 新型ルンバの戦略

    WEDGE Infinity

  4. 4

    立憲民主党は消費増税の対案出せ

    鈴木宗男

  5. 5

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

  6. 6

    川上量生氏の知財意見書にあ然

    やまもといちろう

  7. 7

    志村けん「バカ殿もうできない」

    女性自身

  8. 8

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  9. 9

    遺品でW不倫発覚 消えた女子アナ

    NEWSポストセブン

  10. 10

    片山さつき氏 100万円で口利きか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。