記事

R.I.P. サトシ・ナカモト

1/2

いつ公開された記事か知らないが最近見つけてある種の感慨を覚えたので手短に。

「仮想通貨」と名付けたのが誤解を生んだ最大の理由だった 識者たちが語る、FinTechの過去と未来
ログミー

※注1
記事タイトルの「サトシ・ナカモト」は現実世界にいるどの「サトシ・ナカモト」氏とも無関係だと思われるので失礼ご容赦。念のため。

ちょっと前のこのようなイベントの書き起こしであるようだ。続きがあるらしいがまだ公開されてないっぽいのでとりあえずこれだけをベースに書く。

2018年6月17日、ベンチャー経営に関わる起業家を中心としたメンバーが一堂に会する「G1ベンチャー2018」が開催されました。第3部分科会の「仮想通貨の課題と未来の可能性」には、ビットバンク廣末紀之氏、京都大学公共政策大学院の教授・岩下直行氏、弁護士の増島雅和氏が登壇しました。福岡市長の高島宗一郎氏をモデレーターに、「通貨圏の次の一手」になり得る可能性を持つ仮想通貨の今後について語り合いました。

「「通貨圏の次の一手」になり得る可能性を持つ仮想通貨の今後」と謳っているのだが、いきなりこんな発言が出てきてびっくりした。

廣末紀之氏
2012年から(2018年まで)約6年間ぐらいやって、今岩下先生がおっしゃったように、法定通貨の代わりの交換媒体としては、正直私もあまり魅力を感じてないです。なので、うちでもリアル店舗での決済とかは、やってないんです。

なんというか、「通貨」っていう看板をほぼあきらめたってことらしい。いやはや。そしてとどめを刺してるのがこの発言。

増島雅和氏
IMFの人とか、ドイツバンクの人とか、Goldman Sachsとか……あっちのほうの、「こういう話を、今真剣に考えてます」という状態のヘッドクォーターみたいな人たちが、日本に寄ったときに、「ちょっと話をさせてくれ」というような話をもらったりですとか。

あとは、日本でチョロチョロやってる取引所じゃなくて、グローバルにやってる取引所にいる人。もしくは、DApps(非中央集権型アプリケーション)って言われてる、仮想通貨で支払いをするアプリケーションがありますけど、これをすでにグローバルにローンチをして、すごくユーザーを集めている人たちとかが、日本に来たとき(に話をする)。

(中略)

彼らと話をしていても、彼らは基本、もう「仮想通貨」って言わなくなってますというのがあって。基本的には「クリプトアセット(仮想資産)」という言い方をしているんですけれども。

(中略)

これは昨年ぐらいから言われてたんですけど、「仮想通貨」という名前をつけたのが、誤解を生む最大の理由だったんじゃないか、みたいなことが、けっこう強くあって。今年ぐらいから国際機関でも、その「クリプトアセット」という言葉を使い始めていて。

ビットコインなど今もてはやされている仮想通貨は暗号通貨(cryptcurrencies)と呼ばれているわけで、つまり「クリプトアセット」(cryptassets)は「暗号資産」ということになろうか。通貨ではなく、株式やら何やらと似た資産、「仮想資産」だというわけだ。

確かに「クリプトアセット」の方がまだ実態に近いとは思う。決済通貨として使っている人などほとんどいないだろうしほとんどの人は値上がり期待で買ってるのだろうし。しかしそもそも「暗号通貨」なるコンセプトは、政府のコントロールを受けない通貨を作りたいという目的で提唱されたものではなかったのか?そんな昔のことはもうどうでもいいというのか?

Satoshi Nakamoto (2008). Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System.

ビットコイン及びその他の暗号通貨に関しては以前に書いたことがある。

ビットコインをめぐる共同幻想と同床異夢
シノドス2014.03.25

ここに書いた、いわゆる暗号通貨の通貨としての問題点は、別に独自でも新奇でもなく、経済学を少しかじれば割とストレートに出てくるものだ。そしてその問題点は現在に至るまで解決されておらず(それは暗号通貨なるものの根幹にかかわるものなのでむしろ当然だが)、それゆえに通貨として一般に広く普及することは(ごく限定的な状況を除き)期待しがたいこともこの時点で既に予想されていた。

その意味では「何をいまさら」感しかないのだが、そもそもそうやって「資産」だと割り切り、暗号通貨の当初の理念は忘れてしまうのか、という感慨を禁じえない。

あわせて読みたい

「仮想通貨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立憲民主党は消費増税の対案出せ

    鈴木宗男

  2. 2

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

  3. 3

    織田裕二が坂上忍に絶縁通告か

    女性自身

  4. 4

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  5. 5

    TBS宇垣アナがキレた同期の一言

    文春オンライン

  6. 6

    元民主議員 仙谷氏の訃報に驚き

    大串博志

  7. 7

    色あせる中国 金融の舞台で矢面

    ロイター

  8. 8

    消費増税を批判しない野党に疑問

    やまもといちろう

  9. 9

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

  10. 10

    政治的発言許されぬ日本の芸能界

    篠田博之

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。