記事

憲法9条1項における「国際紛争」

 憲法改正の中で、やはり9条が焦点になるわけですが、概ねの相場観として「9条1項はいじらない」となっています。

【日本国憲法9条】

第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

 それに反対するわけではないのですが、この9条1項の論理的帰結としておかしな事が起こっているという事は知っておいてほしいと思います。それは「国際紛争」という言葉です。これは「国家又は国家に準ずる組織の間で特定の問題について意見を異にし、互いに自己の意見を主張して譲らず、対立している状態」を指すとされています。

 そして、ここから法令で使われる「武力紛争」が出て来ます。法令上の定義はありませんが、答弁書等では「国家又は国家に準ずる組織の間において生ずる武力を用いた争い」とされています。

 南スーダンPKOの際に、この概念がとても議論になりました。サルヴァ・キール大統領率いる政府軍に対抗するリエク・マシャール元副大統領派の位置付けがPKO法上、問題になったのです。「マシャール派は国家又は国家に準ずる組織でない。したがって、PKO法上の武力紛争は存在しない。」という説明になったわけです。そのメルクマールとしては、「支配地域が無い」、「系統だった組織が無い」というものが挙げられていました。

(そして、武力紛争が無いと法令上の「戦闘行為」が存在しない事になります。何故なら、戦闘行為は「国際的な武力紛争の一環として行われる人を殺傷し又は物を破壊する行為」と定義されるからです。)

 何故、そうしたかと言うと、PKO五原則には「紛争当事者」という言葉が出て来ます。武力紛争があるという事になると、紛争当事者が居る事になります。そうすると、PKO五原則に抵触するおそれが高まって来るのです。

【PKO五原則】
1. 紛争当事者の間で停戦合意が成立していること
2. 国連平和維持隊が活動する地域の属する国及び紛争当事者が当該国連平和維持隊の活動及び当該平和維持隊への我が国の参加に同意していること。
3. 当該国連平和維持隊が特定の紛争当事者に偏ることなく、中立的立場を厳守すること。

(略)

 なので、マシャール派は「国家又は国家に準ずる組織ではない」と言い切ってしまわないと、即時に撤収となってしまうわけです。逆に言うと、マシャール派はPKO法上は「(紛争当事者としては)存在しない」事になっています。ここが大問題なのです。このままだと、「支配地域が無い」、「系統だった組織が無い」ゲリラ組織なのだが強力な重火器を持っている組織が、散発的に、しかし強烈な攻撃をしてくるとか、ジェノサイド的な事を行うとかしたとしても、武力紛争は無いでしょうし、PKO五原則の範疇にも入ってきません。

 また、この結果として、とても変な事が起きています。例えば、南スーダン関連での国連安保理決議ではよく「armed conflict」という言葉が使われています。通常は「武力紛争」という言葉が当てられています。しかし、どうもある時から南スーダンについては「武力衝突」という言葉が当てられるようになりました。「武力紛争」と訳してしまうと、PKO五原則との関係がややこしくなるからです。しかし、どういう時に「武力紛争」と訳し、どういう時に「武力衝突」と訳しているのか、という基準についてはついぞ示してはもらえませんでした。日本政府の政策目的によって、特定の言葉に別の意味を与えてしまうというのは恣意的と言われても仕方ないでしょう。

 こういう事を書くと、「言葉遊び」だとよく言われるのですが、まず、「言葉遊び」をしているのは私ではありません。むしろ、PKOを何とか維持したいとする側が言葉遊びで論理の整合性を保とうとしているだけです(しかも、当時の役者が稲田大臣だったのでボロボロでした。)。しかも、この件は上記に書いたように「明らかに激しい戦闘をしている勢力がいるにもかかわらず、その勢力はPKO法上は存在しない事になっている。そして、『戦闘行為』も起こっていない。」という事態を招きます。それは突き詰めれば、現場に派遣されている自衛官の安全に直結するのです。明らかに現地ではヤバい事になっているにもかかわらず、国内の議論では、武力紛争は無い、紛争当事者もいない、戦闘行為も無い、だから頑張れ、という事になっているというのは現場の自衛官の方からすると本意ではないはずです。

 憲法上の「国際紛争」という、一見ニュートラルな言葉の解釈を突き詰めすぎたために、取り繕いに取り繕いを重ねざるを得ず、それが結果として現場と本国での議論との間に大きな乖離を生んでしまっているという事です。

 9条1項については「当然、残す」という感じで議論が進んでいます。私もそれでいいと思います。ただ、その中の「国際紛争」という言葉が含意する所は解釈改憲で構わないので、何らかの修正を図った方が良いと思います。実はこの修正は、これまでの憲法解釈の体系をかなり変更する事になるため、憲法(の条文)改正と同じくらい大変です。

 どういうふうに考え方を変えた方が良いのかは、私自身もまだ、考え方が纏まらないのですが論点提起として。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

  2. 2

    立憲民主党は消費増税の対案出せ

    鈴木宗男

  3. 3

    織田裕二が坂上忍に絶縁通告か

    女性自身

  4. 4

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  5. 5

    色あせる中国 金融の舞台で矢面

    ロイター

  6. 6

    TBS宇垣アナがキレた同期の一言

    文春オンライン

  7. 7

    消費増税を批判しない野党に疑問

    やまもといちろう

  8. 8

    元民主議員 仙谷氏の訃報に驚き

    大串博志

  9. 9

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

  10. 10

    政治的発言許されぬ日本の芸能界

    篠田博之

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。