記事
  • 東龍

飲食店だけではなく、家メシのドタキャンも許されない理由

1/2

飲食店のノーショー(無断キャンセル)やドタキャン

私はノーショー(無断キャンセル)やドタキャンについて、多くの記事を書いてきました。飲食店がいかにノーショーやドタキャンに困らされているかについて、正しく知ってもらう必要があると考えているからです。

関連記事

ノーショーやドタキャンが多くなると、飲食店は廃業してしまうか、その損害分を他の客に転嫁して利益を確保していかなければなりません。

それでは、飲食店も客も不幸になるばかりです。

家メシのドタキャン

では、食事に対するノーショーやドタキャンでも、飲食店ではなく、自宅で食べる家メシ(内食)の場合はどうでしょうか。

少し前になりますが、<家メシのキャンセル、いつまでならOK?>という記事を読んで、改めて考えさせられました。

妻が作った夕食を断れず、急な食事の誘いに応じられないと悩む男性が、掲示板サイト「発言小町」で「皆さん、家メシのキャンセルはいつまでなら可能ですか?」と問いかけました。

出典:家メシのキャンセル、いつまでならOK?

家メシをドタキャンする場合には、どれくらい前なら許せるかという質問から話が展開されています。

キャンセルは当日でも構わないという寛容な回答から、一週間前にはキャンセルしておかなければならないという厳しい回答まであり、色々な意見が散見されます。

考えておくべき点

一見すると単なる家庭内の問題なので、それほど大きな問題はないように思えます。しかし家メシにおけるノーショーやドタキャンでも、もちろん問題はあるのです。

  • 食品ロスの発生
  • 作り手への配慮
  • 共食の重要性

飲食店との違いも鑑みたりしながら、上記の点について考えてみましょう。

食品ロス

飲食店のノーショーやドタキャンで、真っ先に挙げられる問題は食品ロスです。予約していたはずの料理が無駄になってしまうので、問題となるのは当然のことでしょう。

ウォークインの客に提供することができればまだよいですが、いつもうまいこと他の客が訪れてくれるわけではありません。ましてや、予約時間直前のドタキャンや、連絡すらしないノーショーであれば、なおさら難しいでしょう。SNSや公式サイトで呼びかけるなど、他の客を入れるための準備が不足するので、新たな来客を創出することは容易ではありません。

では、家メシの場合は、どうなのでしょうか。料理を作る前にキャンセルされたのであれば、作らずにすみ、食材も他に使えるので、被害はほとんどなくなります。

しかし、既に作ってしまった後であれば、そうはいきません。ご近所付き合いも少ない昨今では、新たな食べ手を探すことは飲食店よりもずっと難しいです。ただ、飲食店と異なるのは、そこまでクオリティを求めなくても構わないので、料理を冷蔵したり、冷凍したりし、保存しておけることです。

作ったにもかかわらず食べられなかった料理を保存しておくことができるので、飲食店に比べれば、家メシは食品ロスを発生させないのかもしれません。

あわせて読みたい

「食品」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国企業がコスト削減?

    団藤保晴

  2. 2

    堀江氏 読解力ない人が多い理由

    MAG2 NEWS

  3. 3

    eスポーツ認めぬ体育会おじさん

    倉持由香

  4. 4

    いま35年ローンで自宅を買う怖さ

    文春オンライン

  5. 5

    那覇市長選 公明演説に聴衆ゼロ

    田中龍作

  6. 6

    貧困層見ない堀江氏の読解力考察

    田中俊英

  7. 7

    豊洲とヤクザ アワビ密漁の実態

    NEWSポストセブン

  8. 8

    昭恵氏 NY危険地域で飲み明かす

    NEWSポストセブン

  9. 9

    遺品でW不倫発覚 消えた女子アナ

    NEWSポストセブン

  10. 10

    豊洲移転 築地の悪慣習断ち切れ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。