記事

怒鳴る医師、しゃしゃり出る娘ーー。「穏やかな死」を阻む「現実の壁」 - 森 省歩

1/2

記録的な酷暑が続いていた8月下旬、岐阜市にあるY&M藤掛第一病院で、80歳代の高齢患者5人が相次いで死亡するという痛ましい事件が発生した。世間ではエアコン(冷房)の故障を放置していた病院側の対応に批判が集まっているが、この事件からは超高齢社会の底部に横たわる“やるせない現実”も浮かび上がってくる。

【記事】「愛してる」と言って亡くなった小林麻央さんの最期を作り話だという医師たち

Y&M藤掛第一病院は医療療養病床と介護療養病床を持つ、慢性期対応のいわゆる「長期療養型病院」である。主な受け入れ患者は、

1、急性期病院から転院を迫られている高齢者
2、介護施設の空きを待っている高齢者
3、自宅での介護が困難な高齢者

とされているが、これらの患者像からは同病院が老病に倒れた高齢者やその家族らにとっての駆け込み寺的な存在であることが窺い知れる。

Y&M藤掛第一病院 ©共同通信社

死に場所探しは難しい

実は、この手の長期療養型病院は全国各地に点在しており、中には系列の介護施設も含めて、

1、生活保護を受けている者
2、低所得にもかかわらず生活保護を受けていない者
3、経済的な理由で公的医療保険に加入していない者
4、多重債務による生活困窮者
5、ホームレス
6、配偶者からの暴力被害などを受けている者
7、人身取引被害者

などを受け入れている病院まである。

この場合、生活保護の申請などのほか、病院側や施設側が無料低額診療事業や無料低額介護老人保健施設利用事業などの制度を使って、入院や入所に必要な費用の全額免除や一部免除の手続きを事実上代行しているケースも少なくない。

当然、このような現実の反対側には、「老病で倒れたら死に場所を見つけることさえ難しくなる」という、もう一つの現実が横たわっている。だからこそ、この手の病院に対する需要は高く、かつ、病床は不足しているのである。

あわせて読みたい

「終末医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

  2. 2

    立憲民主党は消費増税の対案出せ

    鈴木宗男

  3. 3

    織田裕二が坂上忍に絶縁通告か

    女性自身

  4. 4

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  5. 5

    色あせる中国 金融の舞台で矢面

    ロイター

  6. 6

    TBS宇垣アナがキレた同期の一言

    文春オンライン

  7. 7

    消費増税を批判しない野党に疑問

    やまもといちろう

  8. 8

    元民主議員 仙谷氏の訃報に驚き

    大串博志

  9. 9

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

  10. 10

    政治的発言許されぬ日本の芸能界

    篠田博之

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。