記事

『新潮45』騒動、顛末の寂寥感

1/2
 Facebookで「お前も見解を述べろ」と言われたので、移動中の手慰みがてら軽く見解を述べます。ちゃんとした議論はまた別の機会にしようと思っていますが。

 わたし個人の考えでは、小川榮太郎さんの議論が駄目なのであって、掲載した媒体である『新潮45』がチェックせずに掲載した咎をもって新潮社全体が否定されたり、不買運動の対象になるのはおかしいだろとは思います。

 また、その前の杉田水脈論文(あれを論文というべきかは別の議論として)でのLGBTは生産性がないというのも、文脈として不適切だったと感じます。これも、なんでそんな文章を『新潮45』に掲載したの? という問題はあります。

 ただまあ、これは単純に小川榮太郎さんや杉田水脈さんが書いたものがクソだったのであって、批判の対象はこういうクソを書いた小川・杉田両名に投げかけられるべきで、これを掲載した新潮社全体の問題だとするのもどうなのって感じでしょうか。

 長谷川豊が「人工透析患者は云々」と公言したので仕事を干されたというレベルの話であって、これは一種の多様な言論の枠内として、発言者を馬鹿にする根拠だとしても発言する場を封じろというのはまた別の問題じゃないのって思います。

 その意味では、LGBT問題が過激化しすぎて触りづらい問題の筆頭となり、かえってLGBTの当事者が上げる声の中身よりも政治意識の強い党派性のネタに展開し、とりわけ杉田水脈さんが自民党比例一位という事案に対する批判ムーブメントに繋げるという「これじゃない感」はあります。

 ああ、もちろん杉田水脈さんの発言はクソだと思ってますし、議員に相応しくないと私は考えていますよ。さっさと議員バッジ返上するべき人物の最右翼だと思いますし、こんなのを自民党が起用しているのは自民党にとって恥じゃないのかという風にも感じます。

 でも杉田さんが「そう思っている」「そう書いている」というのは自由なんですよ。馬鹿なんだろうなとは思いますけれども。あと、杉田さんを起用し重用しているというか、メディアに出て良しとしている自民党の党組織も。いったい何を考えているのでしょうね。

 で、新潮はそれをある種分かっていて記事を掲載していたのでしょうし、それが商売だったとして批判されています。まあ、批判するのは自由です。「WiLLみたいだね」とか右翼雑誌になっていたのかと論難するのも自由です。

あわせて読みたい

「新潮45」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    3億円事件告白 出版社の仕込みか

    tokyo editor

  5. 5

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  6. 6

    文大統領の苦しい国家運営と外交

    ヒロ

  7. 7

    「汚い顔は失礼」神田うのが炎上

    女性自身

  8. 8

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  9. 9

    50人以上応募 音喜多新党に期待

    早川忠孝

  10. 10

    マツコが悟った松田聖子のすごさ

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。