記事

「半分、青い。」と震災

「半分、青い。」
逃げたな、と思う。

視聴者の多くはあの震災を経験している。
だからこそ、少なくとも、言葉にリアリティが必要だというのに、この臨場感のなさはなんだ。

「仙台」と出てくる度に、故郷がこの素っ頓狂なドラマのつじつま合わせに利用されている気さえする。

災害や死を描いたものを語るのが難しいのは、
時に作品への批判自体が、寄り添う心や悼みの気持ちがないかのような批判へとすり替わってしまうことがあるからだ。
違和感を感じてもそれを飲み込ませてしまう圧のようなものがある。

あと5日でどう着地させるのかわからないが(ネタバレでは出ているが)、
別途、改めて2018年4月〜9月にこのドラマが朝ドラになった時代的背景と意味を考察したい。

あわせて読みたい

「NHK」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国企業がコスト削減?

    団藤保晴

  2. 2

    堀江氏 読解力ない人が多い理由

    MAG2 NEWS

  3. 3

    eスポーツ認めぬ体育会系ジジイ

    倉持由香

  4. 4

    豊洲移転 築地の悪慣習断ち切れ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    那覇市長選 公明演説に聴衆ゼロ

    田中龍作

  6. 6

    遺品でW不倫発覚 消えた女子アナ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    豊洲とヤクザ アワビ密猟の実態

    NEWSポストセブン

  8. 8

    100m走10秒を切る人が増えた理由

    幻冬舎plus

  9. 9

    いま35年ローンで自宅を買う怖さ

    文春オンライン

  10. 10

    片山さつき氏 100万円で口利きか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。