記事

霞ヶ関をアップデート 省庁横断、働き方改革始動

1/2

本日の大臣政務官会議において、省庁を横断した働き方改革について提案しました。

大臣政務官会議とは、内閣官房副長官の主催で各省庁の大臣政務官が参加する会議で、議題は内閣官房副長官が提示するか、各大臣政務官から提案という形で設定されます。

これまで取り組んできた総務省の働き方改革の次のステップとして、総務省だけでなく各省庁で政務(大臣・副大臣・政務官)コミットの元、働き方改革を推進すること、内閣人事局配下に設置されている省庁横断の働き方改革チームを支援し、より本質的な改革をすすめることを提案し、実施の運びとなりました。

同志である総務省メンバーと進めてきた働き方改革が、全省庁へと展開していくという達成感と、大きな改革が始まるという緊張感で、前日はなかなか寝付けませんでした。

約1年前、政務官就任早々気づいたのは、 ICTを活用して未来を切り開いていこう! と国の旗を振っている総務省の職員が、アナログな職場(それでも他省庁より格段にデジタル化されているのですが)、省内プロセスと既存業務で両手がいっぱいで、未来を切り開く仕事に注力する余裕がなくなってきているということでした。

高い能力と最先端の情報を持っている人たちが、その知見を活かすことができない非効率な働き方を強いられている。これは国民にとっても大きな損失です。

しかし、 現場の職員とランチミーティングを重ねながら感じたのは、官庁の職員は「自分たちの職場環境をよくしたい」とは立場上なかなか言い出せないものだということです。

会議のための水を買うのに決裁のハンコが5つもいること。28度に設定されたクーラーですら、一定の時間を過ぎると切られてしまうこと。残業時間の管理をエクセルで行っていて煩雑な上に不透明であること。

働く環境として当たり前であることが当たり前でないこと、一言おかしいと声を上げれば改善できるかもしれないことを我慢してしまっているのです。

ならば政務官という立場で政治家がリーダーシップを取り、現場の職員が気兼ねなく何でも言えるボトムアップの機会を作り、まずは課題をテーブルにあげてもらう。そして現場がその課題を解決していくプロセスをサポートしていけば、改革に要する時間やリソースを効率化できると考え、働き方改革チームをスタートしました。 総務省では主に3つの論点に課題を整理して解決策を設定しました。

1: 幹部や管理職の意識改革および残業、休暇、働き方、評価に関する制度と意識の改革

2: 国会対応およびメールを始めとする情報共有の合理化

3: デジタルツールの活用などによるオフィス環境の整備

  公募に自ら手を挙げたメンバー25名が議論したものとあって、現場感覚を踏まえた、熱意のこもった改革案が出来上がったと自負しています。

あわせて読みたい

「働き方改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  2. 2

    沢田研二の公演中止は罪深き甘え

    常見陽平

  3. 3

    朝日「安倍支持ネット民は貧乏」

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    よしのり氏「沢田研二は哀れ」

    小林よしのり

  5. 5

    謎の会社、ギガファイル便を直撃

    BLOGOS編集部

  6. 6

    若者が野党を批判する理由に衝撃

    猪野 亨

  7. 7

    18歳の47% 将来も新聞読まない

    宮崎正

  8. 8

    貧困層見ない堀江氏の読解力考察

    田中俊英

  9. 9

    田原氏が佐々淳行氏との激論回顧

    田原総一朗

  10. 10

    歌姫の発言でトランプ氏ピンチに

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。