記事

新型iPhone国内発売、高額化で需要に不透明感も


[東京 21日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>の新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)XS/XS Max」の国内販売が21日、始まった。今回注目を集めたのは価格で、最上位モデルは20万円に迫るなど、高額化が進んだのが特徴だ。NTTドコモ<9437.T>、KDDI(au)<9433.T>、ソフトバンクは実質半額程度で購入できるプランを用意したが、消費者に受け入れられるか不透明感も漂う。

「昨年と同じくらいの予約が入っている」──。ドコモの吉澤和弘社長は都内で開いた発売セレモニーでこう述べ、予約段階では売れ行きに変化がないことを強調した。

標準的な割引サービスを適用すると「XS」は5─6万円台から、「XS Max」は7─8万円台から購入できる。いわゆる「2年縛り」が明けるiPhone7が実質1万円程度から購入できたことを踏まえると、端末価格は確実に上昇している。

3社はこれまで高額なスマホを安く買えるように、通信料からスマホ代の一部を割り引いていた。今回も実質半額程度で購入できるようにしたが、ある政府関係者は「これが料金を不透明にし、通信料の高止まりを招く原因になっている」と批判している。

政府内にはスマホが適正価格で販売されるようになれば、スマホの割引余力に乏しいMVNO(仮想移動体通信事業者)も大手3社と同じ土俵で戦えると期待する声が少なくない。さらにスマホメーカーの競争原理も働きやすくなり、長い目で見ればスマホ価格の低下につながるという見方もある。

ただ、これについてドコモの吉澤社長は「値段の高いフラッグシップ端末を正価で購入してもらうことはハードルが高い」と否定的な見解を示した。端末を安く購入したいという顧客ニーズは大きいとして「ある程度続けて、顧客の反応を見たい」と語った。

iPhoneの日本上陸から10年。目新しさは年々薄れつつあるが、熱狂的なファンを抱えるiPhoneは3社にとって最重要端末であることに変わりはない。だが、政府はこのiPhoneの存在こそが、大手3社の競争を停滞させる一因になっているとの見方を強めている。

総務省や公正取引委員会が現在進めている競争政策は、大手3社による優遇策でシェアを獲得してきたアップルにとっては逆風となる。

総務省は19日、スマホ料金の国際比較調査を公表。それによると、データ容量が20ギガバイトの場合、主要6都市で東京がもっとも高い水準であることが判明した。

吉澤社長は「条件によっても違う。日本や当社の料金が著しく高いとは思っていない」と反論するが、菅義偉官房長官は通信料の値下げ余地について繰り返し言及、改革を迫っている。大手3社とアップルへの風当たりは今後さらに強まりそうだ。

*写真を更新しました。

(志田義寧)

あわせて読みたい

「iPhone」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立憲民主党は消費増税の対案出せ

    鈴木宗男

  2. 2

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

  3. 3

    織田裕二が坂上忍に絶縁通告か

    女性自身

  4. 4

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  5. 5

    TBS宇垣アナがキレた同期の一言

    文春オンライン

  6. 6

    元民主議員 仙谷氏の訃報に驚き

    大串博志

  7. 7

    色あせる中国 金融の舞台で矢面

    ロイター

  8. 8

    消費増税を批判しない野党に疑問

    やまもといちろう

  9. 9

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

  10. 10

    政治的発言許されぬ日本の芸能界

    篠田博之

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。