記事

新潮45「そんなにおかしいか杉田水脈論文」の内容が凄まじい「性的嗜好について語るのは迷惑」「LGBTはふざけた概念」

1/2

『新潮45』8月号に掲載された、自民党の杉田水脈衆院議員の寄稿「LGBT支援の度が過ぎる」は、大きな批判に晒された。7月下旬には、自民党本部前で杉田氏の議員辞職を求める大規模なデモも行われた。

自民党は8月、党サイトで杉田議員について「本人には今後、十分注意するよう指導した」と釈明した。杉田議員は自身のツイッターで主張への批判に反論していたが、その後、殺害予告が届いたことを理由に関連するツイートを削除。8月2日以降、新しい投稿はない。

こうした中、9月18日に発売された『新潮45』10月号では「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」という特別企画が組まれている。この企画では、新しい歴史教科書を作る会・副会長の藤岡信勝氏や文芸評論家の小川榮太郎氏など7人の主張が掲載されている。どれも杉田議員の主張を擁護、もしくは、議員への批判を過度なバッシングだとみなす主張だ。

藤岡氏は「尾辻議員の主張は誤読」と主張

特別企画が組まれている「新潮45」10月号

「LGBTと『生産性』の意味」というタイトルで意見を掲載した藤岡氏は、杉田氏の論にいち早く不快感を示した立憲民主党・尾辻かな子議員は、杉田氏の寄稿を誤読していると主張する。「杉田氏は、『子どもを持たない、もてない人間は生産性がない』などとはどこにも書いていない」と言い、

「杉田氏が書いたのは1.税金という公的資金を投入するかどうかという社会的決定の文脈の中で、2.公的資金を少子化対策費の枠で支出するかどうかの妥当性に関して判断する基準として、3.LGBTの人たちについて『彼ら彼女らは子どもを作らない、つまり生産性がない』と位置づけられる、というだけのこと」

と主張。元の文章には何ら問題がないという態度を示した。

あわせて読みたい

「杉田水脈」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

  2. 2

    立憲民主党は消費増税の対案出せ

    鈴木宗男

  3. 3

    織田裕二が坂上忍に絶縁通告か

    女性自身

  4. 4

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  5. 5

    色あせる中国 金融の舞台で矢面

    ロイター

  6. 6

    TBS宇垣アナがキレた同期の一言

    文春オンライン

  7. 7

    消費増税を批判しない野党に疑問

    やまもといちろう

  8. 8

    元民主議員 仙谷氏の訃報に驚き

    大串博志

  9. 9

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

  10. 10

    政治的発言許されぬ日本の芸能界

    篠田博之

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。