記事

石破茂とかいう、本当に真面目だけど物事の詰めができない不思議な政治家について

 石破茂さんの挙動が話題になり、また一部で長期に及ぶ安倍晋三総理の政権への忌避感もあって、自民党内の反安倍層の取り込みが進んでいるらしく、巷では「石破善戦、でも敗戦必至」という流れになっておるようです。

 以前より石破さんの能力や人望には皆が一目を置き、私も何度もご一緒する中でその政治家離れした識見や潔癖さには驚くところです。勉強熱心だし、筋論を大事にする姿勢は評価されると思うのですが、なにぶん筋論を通し過ぎることもあり、モリカケ問題のときは特に、「安倍政権が守勢に回っているときに党内から背中から撃つ」と酷評されておりました。石破さんらしいと言えばらしいのですが、タイミングも言うべき内容も苦しい人からするとイラッ☆とする部分はあるんじゃないでしょうか。


「『原理原則が大事だ』と言ったら『弓を引いている』と誤解されました」石破茂さん改造直後インタビュー(山本一郎) - Y!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20170810-00074190/

 また、自民党総裁選であるのに、石破応援団がほとんど野党左派の面々だったり、沖縄や社会保障の話に安易に踏み込んで、具体論もないまま既存の議論のちゃぶ台返しのようにすら見える内容に終始してしまうのは非常に残念でもあります。真面目な政治家であるがゆえに、構想力というか、大きな絵を描いて日本の将来を託せる資質を示す風には見えないのです。

 党内ならずとも「これは石破新党でも作るつもりなのか」とすら言われてしまうのは石破さんにとっても不本意でしょうが、ここでちゃんと総裁選に出たという事実が大事ですし、良い戦いを期待していますし、頑張ってほしいと思います。

やまもといちろうメルマガ「人間迷路」

あわせて読みたい

「石破茂」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    3億円事件告白 出版社の仕込みか

    tokyo editor

  5. 5

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  6. 6

    文大統領の苦しい国家運営と外交

    ヒロ

  7. 7

    「汚い顔は失礼」神田うのが炎上

    女性自身

  8. 8

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  9. 9

    50人以上応募 音喜多新党に期待

    早川忠孝

  10. 10

    マツコが悟った松田聖子のすごさ

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。