記事
  • S-MAX

Apple、iOS 12を提供開始!iPhone 5s以降およびiPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降、第6世代iPod touch以降で無料アップデート可能

1/2
AppleがiPhoneやiPadなど向け最新バージョン「iOS 12」を配信開始!

既報通り、Apple(アップル)は17日(現地時間)、同社のスマートフォン「iPhone」シリーズやタブレット「iPad」シリーズ、ポータブルミュージックプレイヤー「iPod touch」シリーズ向けのプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 12」へのアップデートを提供開始したとお知らせしています。

アップデートは、各機種本体のみでOTA(On-The-Air)によりダウンロードで行え、方法としては、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から行えます。また、iTunesをインストールしたWindowsおよびMacとUSB-Lightningケーブルで接続しても行えます。

対応機種は既存バージョン「iOS 11」と同様にiPhone 5s以降およびiPad 5・iPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降、iPod touch(第6世代)の合計123機種となっており、それぞれ無料でダウンロードしてアップデートすることが可能です。

また発表されたばかりの新しいスマホ「iPhone XS」および「iPhone XS Max」、「iPhone XR」にはプリインストールされていて購入時から利用可能となっています。


iOS 12の新機能。左がスクリーンタイム

iOS 12ではより安定して高速な動作をめざしたアップデートとなっており、iOS 11と比べて特に動作の高速化や快適性を改善し、アプリの起動が40%、キーボード入力が50%、カメラの動作が70%となっているほか、一度起動したアプリは2倍早く表示でき、共有画面も2倍早く表示できるようになっています。

また使いすぎ防止などを目的として「ScreenTime」機能が導入され、利用履歴が確認できるだけでなく、アプリの時間などによる利用制限ができ、特に子供向けには親の時間やアプリ、プライバシーの許可を簡単にセットアップしてコントロールできるようになっています。

さらに「おやすみモード」が進化や音声アシスタント「Siri」のショートカット機能、通知のグループ表示、ビデオ通話「FaceTime」のグループ通話(最大32人)、AR機能「ARKit 2」の導入など、さまざまな使い勝手向上や新機能の追加が行われています。


アップデート対象機種は「iPhone X」および「iPhone 8」、「iPhone 8 Plus」、「iPhone 7」、「iPhone 7 Plus」、「iPhone 6s」、「iPhone 6s Plus」、「iPhone 6」、「iPhone 6 Plus」、「iPhone SE」、「iPhone 5s」、「12.9インチiPad Pro(第2世代)」、「12.9インチiPad Pro(第1世代)」、「10.5インチiPad Pro」、「9.7インチiPad Pro」、「iPad(第6世代)」、「iPad(第5世代)」、「iPad Air 2」、「iPad Air」、「iPad mini 4」、「iPad mini 3」、「iPad mini 2」、「iPod touch(第6世代)」の23機種。

更新はiOS搭載機器本体のみによる無線LAN(Wi-Fi)接続によるOTAと、Lightningケーブルでパソコンに接続してiTunesを利用して行なう方法が用意されています。OTAによる方法ですと、更新ファイルのサイズが手持ちのiPhone Xでは1.65GB、iPad Pro 12.9(帯1世代)では1.28GBなどとなっていました。当初よりOSバージョンはiOS 12.0となっています。

なお、各仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービスは問題なく使えていると思われ、手元では「mineo」(Aプラン/au回線)や「nuroモバイル(NTTドコモ回線)」、「b-mobile S(SoftBank回線)」にて利用できています。iOS 12の公式に案内されている変更点は以下の通り。



iOS 12には、iPhoneおよびiPadのパフォーマンスの改善および様々な新機能が含まれます。“写真”には、ライブラリから写真を見つけたり共有したりしやすくなる新機能が搭載されました。ミー文字(まったく新しい、カスタマイズ可能なアニ文字)により、“メッセージ”でより表情豊かで楽しいコミュニケーションが可能になります。

スクリーンタイム機能により、あなたやファミリーメンバーがiPhoneやiPadで何にどれぐらいの時間を費やしているかを把握し、時間をより有効に活用するためのお手伝いが可能になりました。Siriが使用可能なAppでSiriショートカットを使えば、今までよりももっと素早く作業を終わらせることができます。

拡張現実(AR)は機能が強化充実され、デベロッパはAR体験を複数台で共有する機能を利用することができます。また、新しいプライバシー機能により、Webサイトによるトラッキングを防ぐことができます。このアップデートには以下の新機能および改善が含まれます:

パフォーマンス
・ユーザの操作により素早く機敏に反応するように、iOSを全体的に改良
・iPhone 5sおよびiPad Airに至るすべての対応デバイスでパフォーマンスを改善
・カメラの起動は70%高速化、キーボード表示は50%高速化、またタイプ入力の反応も改善(*)
・デバイスに高負荷がかかっている場合のAppの起動が最大で2倍高速化(*)

写真
・新しい“For You”タブに“おすすめの写真”や“エフェクトの提案”などが導入され、ライブラリにあるたくさんの写真から素早く目的のものを探すことが可能
・“共有の提案”機能により、写真に写っている人たちと写真を共有するように能動的に提案
・検索機能が強化され、複数のキーワード検索に対応、検索候補も賢くなり、より簡単に写真の検索が可能
・撮影地、店舗名/会社名、または写真を撮影したときのイベントから写真の検索が可能
・カメラからの読み込み速度が改善、また写真を大きくプレビュー表示することが可能
・RAWイメージの編集に対応

カメラ
・ポートレートモードで、“ステージ照明”および“ステージ照明(モノ)”を使用したときに、被写体と背景間の詳細部分を保持するよう改善
・スキャンしやすいように、カメラフレームでQRコードをハイライトするよう改良

メッセージ
・ミー文字(まったく新しい、カスタマイズ可能なアニ文字)により、“メッセージ”で独自のキャラクター使ってより表情豊かで楽しいコミュニケーションが可能
・アニ文字にティラノサウルス、お化け、コアラ、トラを追加
・ミー文字およびアニ文字でウインクおよび舌を出す動作を認識
・新しいカメラエフェクトにより、“メッセージ”で撮影した写真やビデオで、アニ文字、フィルタ、テキストエフェクト、iMessageステッカーパック、図形が使用可能
・アニ文字の録画が30秒まで可能

スクリーンタイム
・あなたやファミリーメンバーのAppやWebサイトの適切な使用時間を判断するための詳細情報やツールを提供
・Appの使用時間、Appカテゴリごとの使用状況、通知の受信数、デバイスを持ち上げた回数についての情報を表示
・“App使用時間の制限”で、あなたおよびお子様がAppやWebサイトで費やすことができる時間の長さを設定可能
・お子様のiPhoneまたはiPadの使用の仕方を、親/保護者が自分のデバイスから直接管理することが可能

おやすみモード
・所定の時間、場所、またはカレンダーのイベントのあとで“おやすみモード”をオフにすることが可能
・“ベッドタイム中のおやすみモード”により、就寝中はロック画面にすべての通知を表示しないようにすることが可能
通知
・通知の管理を簡単にするため、同じAppからの通知を自動的にグループ化して表示可能
・ロック画面から直接通知設定を操作可能
・新しい“目立たない形で配信”機能により、サウンドやバナーを出さずに通知を通知センターだけに表示させることが可能

あわせて読みたい

「iOS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新環境相 学歴詐称の過去に自戒

    原田よしあき

  2. 2

    堀江氏「東大のコスパは世界一」

    MAG2 NEWS

  3. 3

    自民議員 韓国をWTOに提訴すべき

    赤池 まさあき

  4. 4

    派遣切り再び 報道せぬTVに苦言

    水島宏明

  5. 5

    橋下氏「パチンコはギャンブル」

    AbemaTIMES

  6. 6

    柴山大臣に公選法違反ツアー疑惑

    NEWSポストセブン

  7. 7

    ガラガラくじは商店会を利するか

    伊藤陽平:新宿区議会議員

  8. 8

    世界的株安の錯覚を煽るマスコミ

    自由人

  9. 9

    干された松本明子を救った人物

    文春オンライン

  10. 10

    よしのり氏 左翼の人権論に苦言

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。