記事

元刑事が告白 被疑者の指紋採取で血の気が引いた瞬間

【スリで捕まえた犯人が…】

 警察の内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た警官の日常や刑事の捜査活動などにおける驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、元刑事が体験した取調室での仰天エピソード。

 * * *
「今だったら、確実に処分されてるね」

 元刑事はそう笑いながら、新米の頃の思い出を語ってくれた。

 その元刑事が当時配属されていたのは大規模署の1つだ。警視庁にある102の警察署のうち大規模署は19、署長の階級は警視正だ。他の署は署長の階級が警視のため、大規模署は格上の署ということになる。

 ある日、他の捜査に入っていた先輩刑事が、50代のスリを電車の中で発見、現行犯逮捕してきた。

「その時は、先輩刑事が取調室で逮捕してきた被疑者の弁解録取書という調書を取ってね。これは逮捕後、速やかに行わなければならないものなんだ」

 警察ドラマなどでは「供述調書」という名前しか聞いたことがないが、取り調べで作成される調書には2種類あるという。

「弁解録取書」は“弁録”と呼ばれ、犯人を逮捕したら、犯罪の種類を問わず必ず作成し、逮捕した被疑者に逮捕理由や弁護人を選任できる権利を告げるとともに弁解の機会を与え、その弁解を記録したものになる。もう1つが「被疑者供述調書」であり、これは被疑者の身上や被疑者が語った供述を記録したものだが、検察官に送致するまでに作成することになっている

 スリで捕まった被疑者の男はほとんど弁解らしい弁解もせず、先輩刑事の問いかけにも素直に答え、罪を認めていた。弁録の聴取はスムーズに終わったそうだ。

「何せ毎日、超忙しくて。先輩が弁録を取った後、次の供述調書に入るまで少し時間があるから、その間にお前が指紋を採っとけと言われてね」

 被疑者には写真撮影と指紋採取が行わなければならず、それに対する拒否権は被疑者にない。当時はまだパソコンもスキャナーもない時代のため、指紋採取には黒インクが使われていた。これをべったりと手につけて専用の紙に押し付けていたのだ。

 当然、手のひらは真っ黒になるから、はじめは躊躇する被疑者もいる。中には、自分の指紋が採られることを拒もうとする者もいる。警察のデータに自分の指紋を残したくないのだ。

「ウチの署では新米の刑事が被疑者の指紋を全部採ってから、写真を撮りに行っていたんだ。だからオレが指紋を採ろうとしたんだが…」

 ここで男はまさかの抵抗を見せた。

「手を固く握りしめ、指紋を採らせないようにしたんだよ」

 取り調べ中の態度を見ていて「この男は問題なく素直に従うだろう」、漠然とそう思っていた元刑事は、男の態度に「先輩刑事には素直に従ったくせにオレをなめてるのか、こいつ!」と頭がカッとなった。

「開け、手を開け!」

 そう言って男の手を開かせようと力を入れた。語気がだんだん強くなり、口調も荒くなっていく。それでも男は両手を固く握りしめ、歯をくいしばり、身体中に力を入れて抵抗した。

 大声をあげても一向に手を開こうとしない男の態度に、元刑事の手は傍らにあった先輩刑事の備忘録に伸びていた。

「自分らの若い頃は、捕まえてきた犯人を殴るなんていうのはなんでもないことだったからね。備忘録というこんなに厚いのを掴んで…」

 人差し指と親指で示してくれたその厚さは、だいたい六法全書か広辞苑といったところだろうか。備忘録というものは取り調べの時のメモのようなものだと聞いていたが、そんなに厚みがあるとは知らなかった。

「この野郎!」

 元刑事はためらうことなく備忘録を振り上げ、男の頭を思いっ切り叩いた。バッチーンという音が取調室に響いたその瞬間…。

「ツルッと取れたんだよ。取れたんだ、頭が。ここの部分だけ丸く」

 頭のてっぺんをぐるりと指差す。

「一瞬、何が起きたかわからなくて。大変だ、頭を切っちゃったって。血の気がサァーと引いてったよ」

 だが青ざめる元刑事の目の前で、頭が切れたはずの男は、何事もなかったように平然と取れた頭のてっぺんを拾い上げた。元刑事の目は男の指先の、つまみ上げられたその物体にくぎ付けになった。

 すると男は、元刑事の目の前にそれを差し出した。髪の毛がついていたそれは、ホットケーキ大ほどの大きさだったという。

「てっぺんにカツラをかぶってたんだよ。ここの部分だけ。全然わからなかったから、このぐらいのがズルッと取れた時は、大変なことをしてしまったと青ざめたよ。当時は、頭とカツラの間に乳白色の接着剤を塗ってカツラを着けていたんだが、それがまだ乾いてなかったらしくてね。叩いた反動でボロッと取れたんだよ。カツラとわかった時は、ホント安心したねぇ」

 笑いながらも元刑事は胸に手を当て、フッーと息を長く吐いた。

 その後どうなったのかを聞く。

「相手も悪いことをしているというのがわかっているから、問題にはならかったよ。だがこれが今なら大変だ。オレは確実に処分だね。

 街で挙動不審なやつを見つけて、職質(職務質問)をかけたとする。素直に応じてくれればいいが、中には職質をかけられて面白くないのか、反抗してくるやつもいる。警官が相手の肩を押さえているだけならいいが、胸ぐらを掴んだりしているのを写真に撮られたら終わりだね。こっちから手を出したらそれでアウトさ」

 取調室は全面録画となり、今や取り調べ中にコーヒーを飲むことさえ許されないという。

「やりづらい時代になったよな」

 元刑事はそう言って苦笑いをした。

あわせて読みたい

「警察」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  2. 2

    関口宏3選チクリ 自民議員が反論

    和田政宗

  3. 3

    日村の淫行疑惑に高まる擁護論

    女性自身

  4. 4

    キングオブコントV逸 痛恨のミス

    メディアゴン

  5. 5

    中居正広がTVで語った本音に感銘

    文春オンライン

  6. 6

    沖縄で選挙応援する小池氏に苦言

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    安倍首相の続投で国民が払うツケ

    MONEY VOICE

  8. 8

    人生後半を「福岡に住む」選択肢

    内藤忍

  9. 9

    よしのり氏が原理主義者に苦言

    小林よしのり

  10. 10

    大正製薬 特許切れで人員大削減

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。