記事

ジャーナリスト山岡俊介さんの怪我は安倍晋三スキャンダルと関わりがあるのか

寺澤さん(左)と怪我をした山岡さん(右)筆者撮影

 対談の現場にジャーナリスト山岡俊介さんが包帯姿で現れた時には驚いた。新宿で突然階段から転落したというのだが、誰かに押された可能性もあるので新宿署に届け出ているという。

2005年には自宅マンション放火事件

 そういう可能性を考えるのにはわけがある。山岡さんは2005年7月深夜に突然、自宅マンションに放火され、危うく命を落としかけたことがあった。ベランダ伝いに隣家に逃れたため無事だったが、エアコンや照明も溶けてしまうほどの火力だった。写真は事件直後の現場だが、ボヤというレベルでない火災のすさまじさがわかる。

放火事件直後の山岡さんと現場(『創』06年11月号

 この時は、山岡さん宅を盗聴していた武富士と全面対決し、武富士王国を崩壊に導いた後だったので(その詳しい経緯は山岡さんの著書『銀バエ 実録武富士盗聴事件』創出版刊を参照)、武富士関連ではないかという噂が流れたが、山岡さん本人は別の筋だろうという見立てだ。

 山岡さんは「アクセスジャーナル」というウェブマガジンを発行し、大手マスコミが書かない政界や企業のスキャンダルを暴いている。そうした活動との関係で、訴訟を抱えたり、危ない目にも何度もあってきた。その日、対談を行ったジャーナリストの寺澤有さんも、警察のスキャンダルなどを果敢に暴いてきたとして業界では知られた存在だ。

取り組んでいるスキャンダルは国会で質問も

 さてその二人がこの間、取り組んできたのは、安倍晋三総理をめぐるスキャンダルだ。しかも反社会勢力が絡んだもので、山岡さんの「アクセスジャーナル」も記事にしているし、寺澤さんは『安倍晋三秘書が放火未遂犯とかわした疑惑の「確認書」』というアマゾンの電子書籍でその話を書いている。

 その日はそのスキャンダルをめぐって対談を行うために顔を揃えたのだが、直前に山岡さんが不審な大怪我をしたというわけだ。

 その対談は発売された月刊『創』(つくる)10月号に「封印されてきた安倍晋三スキャンダル」と題して9ページにわたって掲載されているのでぜひ読んでほしい。

 スキャンダル自体は、さる7月17日に山本太郎議員が国会で、安倍総理自身に質問して問いただしている。2000年6月から8月にかけて下関市の安倍総理の自宅や後援会事務所に火炎瓶が投げ込まれ、銃弾が撃ち込まれたという事件だが、山本議員はカジノ法案絡みの審議中に、政治家と反社会勢力というテーマで質問したものだ。それに対して安倍総理は「私たちはあくまでも被害者ですから」と答弁した。

 確かに放火事件だけを見れば安倍総理は被害者なのだが、山本議員が敢えて昔の事件を取り上げたのは、この事件が単純にそれだけで片づけられない要素を含んでいるからだ。火炎瓶を投げて逮捕された人物らは、1999年の下関市長選で安倍氏が推薦する候補の対立候補を非難する怪文書をまくなどして協力したのに、その報酬が払われないとして事件を起こしたのだった。そして安倍総理の当時の秘書とその犯人が接触した文書や、実際に秘書から300万円が支払われていたこと、犯人らはそれに満足せずさらなる見返りを求めていたことなどが裁判で明らかになった。

火炎瓶事件の犯人が今年5月に出所

 その事件がなぜ今、改めて問題になっているかといえば、その逮捕され服役していた人物が、今年5月に出所したからだ。安倍総理周辺は警戒を強めているという。山岡さんと寺澤さんは、5月と6月の2回にわたって、その人物と接触して詳しい話を取材した。

 事件そのものについての詳細は『創』を読んでもらうとして、今回、この一件を記事にしたのは、その安倍スキャンダルがこれまでマスコミに封印されてきた経緯を問題にしようと思ったからだ。2006年に共同通信がこの事件について取材し、記事を配信する直前に上層部の判断でお蔵入りになった。

 それについては、既に休刊している『現代』2006年12月号で共同通信OBである魚住昭さんと青木理さんが「共同通信が握りつぶした安倍スキャンダル」と題して告発記事を書いている。ちょうど安倍総理が総裁選に当選して権力を掌握していった時期で、共同通信はピョンヤン支局開設をめぐって政権側とやりとりしていたこともあって、スキャンダルを封印してしまったのだった。

 実は前述した火炎瓶事件の犯人は、1999年の市長選挙妨害事件で一度逮捕されながら不起訴となっている。その時、本人は、自分は安倍氏と関わりがあるので、起訴はできないんだと周囲に言っていたという。ところが、その後火炎瓶事件を起こして逮捕されるのだが、それは一緒に犯行に及んだのが福岡の暴力団・工藤会の人間で、逮捕は工藤会壊滅を狙っていた福岡県警の手になるものだった。つまり安倍総理のお膝元の山口県警でなくだが、福岡県警だったから事件化できたのではないかと言われているのだ。

山岡さんの怪我とスキャンダル追及の関係は?

 この1年ほどの森加計スキャンダルでもそうだが、圧倒的な権力を持つ安倍政権に対しては、官僚も「忖度」を重ね、「無理が通れば道理引っ込む」という事態が次々とまかりとおっているのが現実だ。火炎瓶事件は確かに事件としては安倍総理が被害者なのだが、裁判記録などを仔細に読むと、そう単純ではないいろいろな事実がわかる。ちなみに2007年3月9日の福岡地裁小倉支部で出された判決は、今でも裁判の記録としてネットで検索すれば読むことができる。山本太郎議員はその判決を詳しく検討したうえで国会質問を行ったものだ。

 寺澤さんと山岡さんは、安倍氏の当時の秘書と火炎瓶事件犯人の間で交わされた確認書なども把握しており、今後もこの問題を追及していくという。
 さて冒頭の話に戻るが、山岡さんがそうした追及を行おうとした矢先に大怪我を負ったのは、果たして偶然なのかどうか。
 気になるところだ。

月刊『創』:
http://www.tsukuru.co.jp/gekkan/2018/09/201810.html


※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  4. 4

    貴乃花が退職届 日本は転換点に

    舛添要一

  5. 5

    ZOZOvsユニクロ 全面戦争が勃発

    MONEY VOICE

  6. 6

    新潮45休刊の敵前逃亡は言論放棄

    常見陽平

  7. 7

    貴乃花引退に追い込んだ相撲協会

    早川忠孝

  8. 8

    日村の淫行疑惑 FRIDAYに非難も

    AbemaTIMES

  9. 9

    天皇陛下を韓国が安倍批判に利用

    NEWSポストセブン

  10. 10

    貴乃花だけが頼りだった稀勢の里

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。