記事

追跡第10弾!ケフィア事業振興会の破産、グループ会社の今後は

 会員約3万人、債権額約1,000億円を抱えて破産した(株)ケフィア事業振興会(TSR企業コード:298080745、東京都、以下ケフィア)の余波が、ケフィアグループや関係会社に広がりをみせている。
 ケフィアは破産申立書には、「今後、ケフィアグループの事業活動は停滞する」と記載されている。しかし、ケフィアの2018年6月末時点の資産簿価約484億円のうち、少なくとも約330億円以上が貸付金などの名目でケフィアグループや関係会社に流出していた。

破産申立書の「ケフィアグループ」

 ケフィアの破産申立書には、今年の6月20日時点のケフィアグループ45社の会社概要一覧が記載されている。
 ケフィアが破産申請したことで、ケフィアグループは厳しい状況に陥っている。破産申立書に記載されたケフィアグループは、ほし柿の生産を手掛けていたかぶちゃんほし柿加工センター(株)(TSR企業コード: 298145901、東京都)や、柿畑の管理育成を手掛けていたかぶちゃん市田柿の里(株)(TSR企業コード: 298206790、東京都)など、ケフィアの象徴でもある「柿」に関連する企業が含まれている。

出資勧誘を否定したかぶちゃん農園の責任

 破産申立書のケフィアグループに含まれていないかぶちゃん農園(株)(TSR企業コード:296009326、長野県)の鏑木武弥社長はケフィアの破産直後、新聞インタビューに応じた。そこでは「かぶちゃん農園として、事業へ投資を募るなどの勧誘はしていない」と断言し、事業継続に意欲をみせた。

 しかし、東京商工リサーチ(TSR)が独自入手したケフィアが契約主体の「太陽光パネルオーナー」のパンフレットには、「編集 かぶちゃん農園」と記載れている。また、見出しは「かぶちゃん農園が南信州で市民参加型“太陽光の森”をつくります」と鏑木武弥氏の顔写真付きでパネルへの出資を案内している。
 会員の多くがパンフレットやホームページをみると、ケフィアとかぶちゃん農園は一体と認識しても不思議ではない。
 TSRは9月11日、かぶちゃん農園に取材を申し込んだが、担当者は「取材はお受けしていない」と拒否した。

[ブログで画像を見る]

 3万人超の会員から集めた資金が巨額に膨らんだケフィア。破産はケフィアとグループ会社を含めて4社だけ。かぶちゃん農園などは破産直前にグループから除外している。これまでケフィアから資金が流れ、信用を補完し合ってきた関係から、一転して手のひら返しで「投資勧誘はしていない」と説明されても納得する会員は少ないだろう。
(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年9月12日号「Weekly Topics」にグループ45社を掲載予定)

あわせて読みたい

「破産」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    消費増税を批判しない野党に疑問

    やまもといちろう

  2. 2

    織田裕二が坂上忍に絶縁通告か

    女性自身

  3. 3

    TBS宇垣アナがキレた同期の一言

    文春オンライン

  4. 4

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

  5. 5

    よしのり氏 左翼の人権論に苦言

    小林よしのり

  6. 6

    色あせる中国 金融の舞台で矢面

    ロイター

  7. 7

    政治的発言許されぬ日本の芸能界

    篠田博之

  8. 8

    3億円事件告白小説 専門家が分析

    NEWSポストセブン

  9. 9

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  10. 10

    枝野代表「増税理解できない」

    立憲民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。