記事

東京五輪、ボランティア参加で単位認定する大学続々 「大学は何をする場なのか」「災害ボランティアも単位認定しては」と疑問相次ぐ

「国家総動員」とも揶揄される東京五輪・パラリンピック。大会運営には膨大な数のボランティアスタッフが必要になるが、学生が参加しやすいよう、ボランティアを単位認定する大学が出てきている。

多数の金メダリストを輩出している日本体育大学もそのうちの1つ。大会期間中は授業を実施しないこともすでに決めており、同校担当者は、「一大スポーツイベントを肌で感じてほしい」と話している。具体的に何単位認定するかは検討中だという。

「大学はいろんなかたちで食い物にされつつある」と大学関係者

東京2020大会ボランティア公式サイトより

NHKが都内の国公私立大学119校を対象に調査したところ、79校は、ボランティアに参加しやすいよう、大会期間中は授業や試験を実施しない予定だという。また、ボランティアへの参加を単位として認める大学は4校、検討している大学も55校に上った。

国士舘大学も、単位認定を検討中だ。大会期間中に授業を行なわないことはすでに決めており、2020年は7月23日までに春期授業・定期試験を終了。大会期間中の7月24日~8月9日は「特別課題研究期間」として授業は行なわず、課題で対応する。さらにボランティアの事前研修への参加で授業を欠席する場合は公欠として取り扱う。

しかし単位認定について報道されると、反発の声が相次いだ。立憲民主党の蓮舫参議院議員は9月7日、ツイッターに「ボランティアで単位認定、か。なんだか、どんどん違う方向に向かってないだろうか…」と投稿した。

大学教員からも怒りの声が上がっている。立命館大学の末近浩太教授(中東・イスラーム地域研究)は9月6日、「『ボランティア』の単位認定、ツッコミどころが多すぎて言葉を失う。労働の対価として、カネの代わりに単位で支払われるというかたちになる。運営側の腹は痛まない。それにしても、大学はいろんなかたちで食い物にされつつあるな」とツイートした。

「ボランティアって自発的に行うものじゃないの?」

一般のネットユーザーからも疑問の声が噴出している。特に多いのが、「ボランティアって自発的に行うものじゃないの?」という意見だ。単位で学生を釣るのであれば、それは自発的とは言えないだろう。

また「災害ボランティアも単位認定してはどうだろうか?」「同時期に行われる他のボランティアの単位認定もすべき」とオリンピックだけ特別扱いすることに疑問を持つ人もいた。

そもそも大学は学問を学ぶ場所。オリンピックのボランティア参加で単位を認定することは、大学の本来の姿からかけ離れているのではないか。

「大学は何をする場なのか、ぜひ大学運営側には考えていただきたいな」
「ボランティアで単位取れるとか完全に意味わからないな。それは大学では無いのでは?」

東京五輪・パラリンピックのボランティア応募自体は今年9月中旬から始まる。募集人数8万人は無事集まるのだろうか。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  2. 2

    関口宏3選チクリ 自民議員が反論

    和田政宗

  3. 3

    日村の淫行疑惑に高まる擁護論

    女性自身

  4. 4

    キングオブコントV逸 痛恨のミス

    メディアゴン

  5. 5

    中居正広がTVで語った本音に感銘

    文春オンライン

  6. 6

    沖縄で選挙応援する小池氏に苦言

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    安倍首相の続投で国民が払うツケ

    MONEY VOICE

  8. 8

    人生後半を「福岡に住む」選択肢

    内藤忍

  9. 9

    よしのり氏が原理主義者に苦言

    小林よしのり

  10. 10

    大正製薬 特許切れで人員大削減

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。